シネマカフェ的海外ドラマvol.156 こんな場合はこの先生に診てもらおう!第2回

最新ニュース コラム

「ER 緊急救命室XIV」 -(C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
「ER 緊急救命室XIV」 -(C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. 全 4 枚 拡大写真
こんな時にはこの先生に診てもらうべし! 2人目にご紹介するのは「ER 緊急救命室」のダグラス・ロス先生。あのジョージ・クルーニーが演じていた熱血小児科医です。このロス先生は、子供の具合が急に悪くなってしまった! どうしよう? というあなたにオススメ。総合病院のERに勤務し、夜中だろうと何だろうと、子供たちの病気と真摯に向き合ってくれる先生です。

ご存知の通り、ジョージ・クルーニーが番組を降板し、ロス先生がシカゴ・カウンティ総合病院を去る形で物語から姿を消したのはシーズン5が放送された1999年。しかしながら、その後の医療ドラマの歴史をふり返っても、ロス先生ほど熱い小児科医はいません。ERにやって来た子供たちに、親身になって対応。子供を連れてきたお母様方からも「ハンサムな上に優しくて素敵な先生ねえ」と大好評でした。

ただし、病気の子供たちに対する思いの熱さが災いし、暴走気味になることもしばしば。病院の規則を破った治療を試みたり、子供や母親のためを思って一線を越えたり…。ロス先生がシカゴ・カウンティ総合病院を去ったのも、その熱き無鉄砲さが原因でした。

昨年、「ER 緊急救命室」は全15シーズンにおよぶシリーズの歴史に幕を閉じましたが、最終章となるシーズン15にはロス先生が登場! もちろん、演じたのはジョージ・クルーニーです。

3人目にご紹介するのは「グレイズ・アナトミー」のデレク・シェパード先生。ロス先生が90年代を代表するセクシー医師なら、2000年代を代表するセクシー医師が脳神経外科医のシェパード先生です。シアトル・グレース病院に勤めるシェパード先生は、幻覚が見える! めまいがひどい! などなど、脳神経外科的治療の必要性が疑われるアナタにオススメ。全米トップクラスの腕前で、治療に全力を尽くしてくれます。

しかも、患者に大人気だったロス先生に負けず劣らず、シェパード先生も患者(特に女性)に大人気。患者から恋心を寄せられたことも当然あります。本人が意識しているかどうかはさておき、決めポーズ&台詞は患者のベッドの端に座り、「一緒に頑張ろう」とスマイル。手術を行う前に言う「命を救う最高の午後だ」も素敵です。

ただし、全米トップクラスの実力の持ち主ですから当然自信家で、その分、失敗したときは打たれ弱さ全開。シーズン5では患者を死なせてしまったシェパード先生が大スランプに陥ってしまいます。とは言え、そんな姿もまた素敵だったりして…。脳神経外科の手術は、ぜひともシェパード先生にお願いしたいところです。



<レンタル>
「ER 緊急救命室XIV <フォーティーン>」
レンタル中

<セル>
「ER 緊急救命室XIV <フォーティーン>コレクターズ・ボックス」
価格:15,750円(税込)
発売元・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売中

© 2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

<レンタル>
「グレイズ・アナトミー」シーズン5
レンタル中

<セル>
「グレイズ・アナトミー シーズン5 コレクターズBOX Part1」
価格:10,500円(税込)

「グレイズ・アナトミー シーズン5 コレクターズBOX Part2」
価格:10,500円(税込)

発売中
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト:http://ga-dvd.jp

© ABC Studios.

《text:Hikaru Watanabe》

特集

この記事の写真

/