「クローザー」キーラ・セジウィック 夫ケビン・ベーコンは「優れた監督」

最新ニュース インタビュー

来日時のキーラ・セジウィック
来日時のキーラ・セジウィック 全 6 枚 拡大写真
主人公・ブレンダが多くの海外ドラマファンに愛されてきた「クローザー」が遂にファイナル・シーズンを迎える。3月20日(水)の「クローザー<ファイナル・シーズン> 」コンプリート・ボックス(10枚組)リリースを前に、シネマカフェにブレンダ役のキーラ・セジウィックのスペシャル・インタビュー映像が到着した。

ロサンゼルス市警に新設された殺人特捜班のチーフとして赴任してきたブレンダ・ジョンソン。CIA(アメリカ中央情報局)の特殊トレーニングを受けたキャリアである彼女は、着任早々に殺人事件の現場に現れ、部下となった同僚たちに次々と早口で指示を与えていくが、“変人”とも思えるほど個性的な女性上司のブレンダに対して、長年勤務してきた叩き上げの男性警官たちは反感を抱き…。

7年間支持されてきた人気シリーズが遂に迎えるラスト。長年、主人公・ブレンダを演じてきたキーラは、「過去の6シーズン全て見る価値があるわ。登場人物の関係性がどう変化してきたかが分かるし、演技も進歩したと思う」とこれまでをふり返る。

キーラは、『ウォルター少年と、夏の休日』、『崖っぷちの男』などにも出演する一流の映画スター。そんな彼女が、TVシリーズの主演を引き受けた理由は「よく書かれているわ」とキーラも絶賛する台本にあったようだ。「TVシリーズをやろうと思っていたわけではなくて、台本を読んで惚れ込んだの。ブレンダという役柄にポテンシャルを感じたし、こんなキャラクターはいままで見たこともなかった。だから演じてみたくなったの」。

そう語るキーラの夫は『ニューヨーク、アイラブユー』『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』にも出演しているかの名優ケビン・ベーコン。実は、シーズン5第12話「殺しの記念品」では夫・ケビンが監督を務め、2人の実娘・ソシーが出演しているのだ。「ケビンが監督したのは良かったわ。彼は優れた監督だと知っていたからね」と語るキーラだが、どうやら娘との共演シーンではつい“母親”の一面が出てしまったよう。彼女がいかに緊張していたかを思わせるエピソードも、このインタビュー映像の中で披露してくれている。「とても緊張してたの。うまくいきますようにって」。子を思うあまりに、自分が緊張してしまったというキーラの姿はとても微笑ましい。

「このドラマで私が好きなのは、キャタクター個人のストーリーよ。彼らの成長や“旅路”ね」と話すキーラ。あなたも、この7年に渡る登場人物たちの旅路の行き着く先をぜひ見届けてみて。

「クローザー<ファイナル・シーズン> 」
発売 3月20日(水)コンプリート・ボックス(10 枚組) 15,000円(税込)
DVDレンタル レンタル中[Vol.1~Vol.5]3月20日(水)[Vol.6~Vol.10]
オンデマンド配信中
発売元・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/thecloser/

※こちらのインタビュー映像はcinemacafe.net記事ページ内にてご覧いただけます。



(C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/