【MOVIEブログ】無料配信!女性のための官能映画:『流されて…』

最新ニュース スクープ

『流されて…』
『流されて…』 全 3 枚 拡大写真
女性の皆さん、無人島で生きられますか?

『流されて…』
(1974/イタリア/リナ・ウェルトミューラー監督)
7月4日(金) ~8月3日(日) 無料動画GyaO!の「女性のための官能映画&ドラマ特集」にて無料配信!
ご視聴はコチラ

強い女の代表格マドンナが惚れ込んで、当時の夫ガイ・リッチー監督のリメイク作『スウェプト・アウェイ』に主演した事でも有名なこの作品。男性優位的な内容なのにも関わらず強気女性たちを夢中にさせるこの矛盾、女性監督ならではの視点でとらえる皮肉なのか、はたまた女性の深層心理の欲求なのか、頭をひねって考えてみましょう。

優雅な地中海クルーズの船上で、使用人の男を高圧的な態度でいびり続けるワガママで高慢なブルジョワ夫人。ひょんな事から2人は遭難し、無人島に漂着する。文明と隔絶された世界に放り出された夫人は食料すら調達できず、見下していた使用人に頼るしか生きていく道がなくなる。やがて2人の立場は逆転し、彼女は粗野な使用人に身も心も捧げていくが…。

監督のリナ・ウェルトミューラーはアカデミー賞にもノミネートされた実力派で、粗野な使用人を演じたジャンカルロ・ジャンニーニはこの作品でブレイクしたあと数々の名画に出演し、今でも『007/慰めの報酬』などハリウッド映画で活躍する名優というなかなかのスタッフ&キャスト。そんな中異彩を放っているのが、高慢なブルジョワ夫人を演じたマリアンジェラ・メラート。正直『流されて…』以外目立った活躍はしていないのですが、この映画へのキャスティングはぴったり!びっくりするほど高慢なルックスをお持ちの女優さんで、美人っていうか正直怖い…。可愛くて優しい女の子がお好みの日本人男性なんて、泣いて逃げ出すんじゃないかってくらい怖い…。使用人をいじめまくる姿が、女から見ても相当怖い…。ただ、スタイルは肉感的でとてもエロい…。この怖すぎるのにエロすぎるマダムが無人島では男の奴隷になるっていうんだから、それは確かに一大事です!

この作品を深く考えるならば、当時のヨーロッパ映画を語るには欠かせないブルジョワジーと労働者にまつわる社会的バックグラウンドを把握しておかなければなりませんが、ここは官能映画を語る場所なのでそれはまたの機会にしましょう。

そこで浅く考えると、これは男根崇拝の単純なメロドラマです。「女は男の世話をするようにできてるんだ」なんて台詞を野獣のような使用人に言われてヒーヒー喜び、寝ている男の股間に花を飾って崇拝する高慢で知的なブルジョワ夫人。なんだこれと思わず失笑して気づくのですが、現代社会の身近なところにも、実は男に従いたい男勝りかつ極めて女性度の高い方々ってたくさんいますよね? だからこそ女性にはトホホな内容にも関わらず、この映画がマドンナをはじめ、多くの女性に支持されるのでしょう。そしてそれこそが女性監督にしか描けない、女性たちの永遠のパラドックスなのかもしれません。

色々と難しく考えましたが、無人島でお色気生活を送る夫人と使用人の逆転シチュエーションを楽しむというのが、きっと正解です!

●今週の一言
「お願い 私の初めての男になってほしいのよ」
彼に出会ったときに処女じゃなかった事を悔やむ彼女の台詞。何とは言わないので察していただきたいですが、そうくるか!?と驚くこと必至です!詳細は本編後半でご確認ください…。

『流されて…』
(1974/イタリア/リナ・ウェルトミューラー監督)
7月4日(金) ~8月3日(日) 無料動画GyaO!の「女性のための官能映画&ドラマ特集」にて無料配信!
ご視聴はコチラ

《text:Lady M》

特集

この記事の写真

/