長澤まさみの“中国語”に共演者「感動」! 1日に9時間×2週間の猛特訓

海外ドラマ レポート

長澤まさみ/台湾の連続ドラマ「ショコラ」舞台挨拶
長澤まさみ/台湾の連続ドラマ「ショコラ」舞台挨拶 全 10 枚 拡大写真
長澤まさみの初の海外進出作品となる台湾の連続ドラマ「ショコラ」のDVDリリースを前に1月6日(火)、都内で試写会が開催。長澤さん、来日した共演の台湾人俳優のラン・ジェンロン、北村豊晴監督が舞台挨拶を行ない、長澤さんは本作のために猛特訓したという中国語を披露した。

「ツルモク独身寮」などで知られる人気漫画家・窪之内英策の同名コミックを台湾で連続ドラマ化。出所したヤクザの親分の開いたケーキ店を舞台に、亡き母の駆け落ち相手である親分を訪ねてきた日本人女性や親分を慕う子分たちが繰り広げるドラマが描き出される。

長澤さんは日本語での自己紹介に続き、本作のために覚えた中国語で「長澤まさみです。よろしくお願いします」と挨拶。中国語について「撮影当初は全く話せず、聞き取れず、セリフを丸暗記して発音から始めて、『あいうえお』から覚えたようなもの」と明かす。「2週間くらい毎日9時間勉強の日々で大変な思いをしました」と苦労をふり返った。

その甲斐あってか、長澤さんの中国語は、在台湾17年になる北村監督曰く「僕より上手い」とのこと。ランさんもこれに同意し「毎日、撮影が終わるごとに感動してました」と長澤さんの凄まじい上達ぶりを称えた。

一方で、ランさんらの助けもあって、長澤さんは言葉以外の面ではほとんど苦労なく台湾での撮影になじむことが出来たよう。「食事も台湾料理はおいしくて、日本食が恋しくなるようなこともなく、何不自由なく天国でした」と述懐。「台湾の方は日本人に本当に優しく接してくださって、日本の良さを逆に教えられることもありました」とも。

現場ではランさんや台湾人キャストが、北京語のみならず現地の台湾語まで長澤さんに教えたそうだが「スラングで『うるせぇ!』くらいの悪い言葉を教えて、みんな、私が言うのを見て笑ってました(笑)」と共演陣とのコミュニケーションについても明かしていた。

この日はサプライズで原作者の窪之内氏も来場し、自ら描いた長澤さんとランさんの似顔絵色紙をそれぞれにプレゼント。長澤さんの演技についても言及し「原作だと(長澤さんが演じた)千恵は女子高生なんですけど、長澤さんは大人でセクシー、でもかわいらしい! “セクシーカワイイ”千恵を演じていただいて、原作者として刺激をいただきました」と称賛の言葉を送っていた。

「ショコラ」はTSUTAYA独占で1月7日(水)よりレンタル開始。1月16日(金)に「セルDVD-BOX1」、2月4日(水)に「セルDVD-BOX2」を発売。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加