「2度目でやっと受け入れられた」 『私の少女』公開記念トークイベント

最新ニュース レポート

辛酸なめ子、岩田和明/『私の少女』公開記念トークイベント
辛酸なめ子、岩田和明/『私の少女』公開記念トークイベント 全 8 枚 拡大写真
2014年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に招待されたことでも話題となった『私の少女』の公開記念イベントが5月23日(土)渋谷で行われた。

本作は、海辺の村に赴任してきた“心を壊した女性巡査”と、継父から虐待を受け“心を閉ざした少女”との希望にふれる物語だ。この日、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子と、映画秘宝編集長の岩田和明がゲスト登壇し、映画を堪能した観客の前でトークイベントを行った。

本作の魅力について、「危うさや、少女が復讐していくようなディープさの中にも、『プリティウーマン』のような要素もあって、いろいろな面から楽しめる作品だと思いました」と辛酸さんが紹介すると、岩田さんは、「ポスターを観て百合のような作品かと思って、朝10時に観に行ったんですけど、朝観る作品ではなかったですね! 2度目でやっと受け入れられました」とコメント。

「役柄のドヒっていう名前もひどいですよね。名前だけでいじめられそうですもんね」と辛酸さん。キム・セロンについて興味を抱き、いろいろと調べてみたところ、学校でのいじめや、飲酒喫煙疑惑についてのコメントをみつけたそうで、一部記事に対するコメントを抜粋して読み上げる、辛酸さんに対し、「これだけリアリティをもって演じられるのは実生活も関係するのかもしれないですね!」と岩田さんも納得の様子だった。

そもそも、少女役のセロンは、『冬の小鳥』や『バービー』、『アジョシ』、『隣人』など、片親や養子など不幸役が多い。そんな彼女ですら、本作は一度断ったという経緯があるほど、本作は不幸で怖い作品に仕上がっている。

「この作品を観て、キム・セロンに興味を持たれたら、是非以前の作品も観て頂きたいです。前作がまるでキム・セロンによる、ひとり『おしん』のように連続した作品にみえるんです」という岩田さんに対し、「実は可愛らしい顔をして、キム・セロンが監督を裏で操っているのかもしれないですね」と、相変わらずの無表情で辛酸さんがブラックユーモアを言うと、会場は笑いに包まれた。


『私の少女』はユーロスペース、新宿武蔵野館ほかにて公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集