篠原ともえ、好きな男性に手作りパジャマをプレゼントした経験を告白!

海外ドラマ レポート

篠原ともえ/「デビアスなメイドたち」割烹着ファッションショー
篠原ともえ/「デビアスなメイドたち」割烹着ファッションショー 全 9 枚 拡大写真
「デスパレートな妻たち」のスタッフが贈る海外ドラマ「デビアスなメイドたち」のDVD&デジタル配信リリースを記念し9月17日(木)、篠原ともえが「ユザワヤ新宿タカシマヤタイムズスクエア店」にて、自らデザインした割烹着でファッションショーを行った。

セレブ屋敷に勤める5人のデビアスな(=邪な)メイドたちが、次々と屋敷の秘密を暴いていくという本作。“メイド”にちなんで日本の正統派メイドスタイル(?)の割烹着(=ジャパニーズ・スタイル・エプロン)をドラマに出演する5人のメイドたちに着させるという企画で、ユザワヤ主催でオリジナル割烹着を作るというキャンペーンが開催されており、篠原さんは審査員を務めている。

割烹着姿の“デビアス”モデルに続いて、真っ赤なメイド服で登場した篠原さん。こちらは篠原さんのオリジナルデザインに加え、丸3日ほどかけて手縫いで作ったそうで「本番直前まで縫っていた出来たてホヤホヤです!」と語る。作品のイメージカラーでもある赤に加え「日本のメイドの“カワイイ”を意識してフリフリにしました」と笑顔で語る。

そして、いよいよ篠原さんのデザインにより完成した割烹着が披露! 「篠原はデザイナーなんです」と笑みを浮かべ「メイドレス」という自身が発案した新たな概念を発表し「日本のメイドと言えば割烹着。クルっと回ってもかわいいAラインにセクシーで中の服が見えてもかわいいシースルーのデザインにしてみました」と説明する。割烹着は着物の上に着るものという前提で、裾には膨らみをつけつつキュートなデザインを採用。「割烹着と言えば和風のイメージですが、海外ドラマということで洋風のデザインをミックスしてます。オリジナルのフリルも入れました。生地は光をはじく鮮やかで明るい白でキラキラと光ります」とデザイン性に加え、働く女性が使いやすく、また気持ちよく使えるように細かい部分まで考え抜いて作られていることを強調する。デザインについて「(イメージが)パッと降りてきました。天才肌なんですかねぇ…(笑)?」と自画自賛し笑いを誘っていた。

ちなみに「英語やカルチャーの勉強のために」頻繁に海外ドラマを見るという篠原さんだが、本作品については「インテリアやセレブのファッションも見るし、メイド服もすごくかわいい! 物語の展開が予想できないです。主人公たちはメイドをしながら事件を解決したり、歌手を目指していて、篠原もタレントをしながらデザイナーをしているので共感しました」と魅力を語った。

以前、映画で共演した能年玲奈に手芸をレクチャーするなど、いまや“芸能界における手芸の伝道師”とも言える立場にある篠原さん。最近では、ライヴに飛び入り参加した縁で仲良くなった「ももクロちゃんと手芸しようとレクチャーしている」とのこと。

若い頃は、自身が手作りしたパジャマを好きな男性にプレゼントしたこともあったという篠原さん。「いまはそういう相手がいないです。おひとりさまなんです…」と苦笑しつつ「シノラーと大人のミックスでみなさんに楽しんでいただければ!」と楽しそうに語っていた。

「デビアスなメイドたち シーズン1」DVDはリリース中。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/