ロビン・ウィリアムズ、ディズニー映画『アラジン』について遺言残す

最新ニュース ゴシップ

ロビン・ウィリアムズ
ロビン・ウィリアムズ 全 3 枚 拡大写真
ロビン・ウィリアムズは遺言書の中でディズニーに対し、1992年作『アラジン』のカットシーンを続編に使用することを禁じると記載していたという。

昨年自らの命を絶ったロビンはオリジナル作品の中でジーニーの声優を担当しており、自身の死後25年間は収録した声や名前をディズニーが使用することを禁止すると遺言書に記していたと「The Sunday Times」紙が報じている。死後の所得への罰金が家族に科されることを避けるためにこの記載が行われたとみられている。

現在ディズニーがオリジナル作品で、主人公の願いを3つ叶えたジーニーの過去に迫る実写版映画を計画しているが、この遺言書によってこの計画がストップするということもないようだ。

仮タイトル『ジーニー』と題されたその作品はいまのところまだ計画初期段階だというが、ダミアン・ショナンとマーク・スウィフトが現在脚本執筆に取り掛かっているという。

同作品の中ではジーニーのキャラクターに焦点があてられることになるのだが、1992年作のオリジナルアニメーション映画のストーリーも再び語られることになるようだ。ちなみにこの『ジーニー』はプロデューサーのトリップ・ヴィンソンが指揮を取り自身の製作会社ヴィンソン・フィルムズとともに製作を行っていくことが決まっている。

『アラジン』のみならず、ディズニーは『ジャングル・ブック』『美女と野獣』『ダンボ』『くまのプーさん』『ムーラン』などの実写版製作も発表されており、『ピノキオ』が現在すでに製作に入っているほか、『シンデレラ』の実写版が今年公開となっていた。

(C) BANG Media International

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/