『プロメテウス』に続く『エイリアン』前日譚2章が明らかに! 2017年公開へ

映画 洋画ニュース

『エイリアン:コヴナント(Alien: Covenant)』
『エイリアン:コヴナント(Alien: Covenant)』 全 5 枚 拡大写真
マット・デイモン主演の超大作『オデッセイ』が、全米で4度の1位を獲得するなど、世界的大ヒットとなっているリドリー・スコット監督。その次回作となる『プロメテウス』の続編タイトルが『エイリアン:コヴナント(Alien: Covenant)』(原題)に正式決定した。

伝説的SFシリーズの第1作『エイリアン』(’79)で監督を務めたリドリー・スコットは、同シリーズの続編には関わっていなかったものの、30年以上の時を経て発表した2012年のノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、シャーリーズ・セロンら豪華スター競演の『プロメテウス』は、『エイリアン』の前日譚か!? と物議を醸した。

今回、その『プロメテウス』の続編として『エイリアン:コヴナント』というタイトルが正式に発表されたことで、『エイリアン』の前日譚三部作の第二章となり、『エイリアン』に直結するストーリーであることが明らかになっている。

その注目のストーリーの軸となるのは、銀河系のはるか彼方の惑星を目指したコロニー船、コヴナント号の乗組員たち。そこは暗黒の危険な世界だった。この地のただひとりの住民は、不運なプロメテウス号乗組員の生き残りである“アンドロイド”のデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)だけだった…。

『プロメテウス』が投げかけた様々な謎は、本作で解決されるのか? 『プロメテウス』でデヴィッドと共に生き残った科学者エリザベス(ノオミ・ラパス)はどこに行ってしまったのか? プロメテウス号といえば、ウェイランド社により派遣されたものだが、その後、同社は日系企業に買収されてウェイランド・ユタニ社となり、『エイリアン』のノストロモ号を派遣した。では、今回のコヴナント号を派遣するのはどの会社か? コヴナント号のクルーはノストロモ号のクルーと出会うのか? そして、契約や聖約、あるいは盟約と訳される“コヴナント”という副題の真の意味とは? 早くも、さまざまな憶測が飛び交っている。

全米公開は、『ゼロ・グラビティ』『オデッセイ』という近年話題のドラマティックなSF超大作と同様、10月の第1週となる2017年10月6日。全世界が注目するその公開まであと約700日。『エイリアン』に続くサーガの全貌に、いまから想像をかき立てられるばかりだ。

『エイリアン:コヴナント(Alien: Covenant)』(原題)は2017年、全国にて公開予定。2017年10月6日、全米公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/
友だち追加