内田有紀、池脇千鶴のリアル演技に芝居忘れる「カチンと来た」

最新ニュース レポート

内田有紀/「はぶらし/女友だち」第1話完成披露試写会
内田有紀/「はぶらし/女友だち」第1話完成披露試写会 全 5 枚 拡大写真
女優の内田有紀と池脇千鶴が15日、都内で行われたNHKBSプレミアムの連続ドラマ「はぶらし/女友だち」の第1話完成試写会に出席。ドラマの内容のあまりの恐ろしさに会場がどよめく中、内田さんは「テレビの前で観ている方が安全な作品」と控えめにアピールした。

旧友を泊めてしまった事から始まる、ある女性が体験する泥沼のような日々を描く心理サスペンス。37歳独身の売れっ子脚本家・鈴音(内田さん)の家に、高校時代の友人でシングルマザーの水絵(池脇さん)が突然訪ねてくる。「一晩だけ泊めてほしい……」と懇願する水絵とその幼い息子を泊めた鈴音だったが、それは思いもよらない最悪な同居生活の始まりだった…。

内田さんは作品について「激しいアクションがあったり、怖い事件があったりするわけではないけれど、37歳の女同士で繰り広げられる怖さがある。テレビの前で観ている方が安全な作品。もしこれが女性同士の中でリアルに起きたらとんでもない話。2人の怖い雰囲気をテレビの前で味わって」と紹介。相手役の池脇には「千鶴ちゃんが演じたからこそ、最後まで観られる」と賛辞を送るが「(池脇から)これまでの人生について“あなたはラッキーだった”と言われる芝居の時は、演じながら“ちょっと待って”とカチンと来た。誰しも、これまでの人生がラッキーだけで出来たものだと言われたらカチンと来るはず」と芝居を忘れて我に返る瞬間もあったようだ。

一方、薄幸オーラをまとい、自己中心的に有無を言わさず鈴音の生活に介入し、崩壊させていく水絵役の池脇は「ここまで共感出来ないキャラクターはなかなかないと思って引き受けたけれど、本当に大変なものを引き受けてしまったと現場に入ってからは後悔しかなかった」と怪役にかなり苦労した様子。さらに「何一つ共感できなかった。もう少し言い方があるだろう、もっと図々しくない方法もあるだろ、と水絵に対して思いました。人の気持ちがわからないというか、厚かましいというか、かなり面倒くさい人。でもたまにこういう人っていますよね…」と独特過ぎるキャラクターに怯えていた。

NHKBSプレミアムドラマ「はぶらし/女友だち」は2016年1月5日(午後11:15)スタート。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/