【特別映像】チュウォン、“ほっぺムギュ”のツンデレお兄ちゃんぶりに胸キュン!『あいつだ』

韓流・華流 スクープ

『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved.
『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved. 全 4 枚 拡大写真
ドラマ「ヨンパリ」「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」などで高視聴率を叩き出し、“視聴率王子”の異名を持つチュウォンが主演し、韓国では『ザ・ウォーク』『コードネーム U.N.C.L.E.』などハリウッド大作を抑えて初登場1位を記録した新作映画『あいつだ』。このほど、4月16日(土)からの日本公開を前に、チュウォン演じる主人公のツンデレお兄ちゃんぶりが炸裂する本編映像が、いち早くシネマカフェに到着した。

さびれた漁村で暮らす孤独な兄妹のジャンウ(チュウォン)とウンジ(リュ・ヘヨン)。両親の亡き後、ジャンウは最愛の妹を養うため、製氷工場、洗濯場、ゲーム機レンタルと必死で働く。そんなある日、忽然と姿を消すウンジ。3日後、彼女はジャンウの仕事場で遺体となって発見される。そして、ウンジの魂を慰める救魂祭が行われる中、ジャンウは不審な男を発見。足早に立ち去ったその男が犯人であると思い込んだジャンウは、“他人の死を予知する能力”を持つ女性シウン(イ・ユヨン)の協力を得て男の行方を追い、薬剤師のミン(ユ・ヘジン)に辿り着くが――。

本作は、最愛の妹を殺された兄が犯人を執念で追い詰める、実話を基にしたリベンジスリラー。主演を務めるのは、韓国版リメイク版「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ~」や、映画『ファッションキング』のコミカルなキャラクターで、日本でも抜群の人気を誇るチュウォン。

共演には、主役を食う“シーン・スティーラー(場面の盗人)”としても呼び声高い、韓国映画には欠かせない名バイプレーヤーのユ・ヘジン。また、2014年ミラノ国際映画祭「最優秀作品賞」ほか三冠を達成し、世界中から称賛された珠玉の文芸エロス『アトリエの春、昼下がりの裸婦』で主演を務め、現在公開中の『背徳の王宮』でも官能的な演技を披露するイ・ユヨンがヒロインを務めている。

今回解禁された本編映像では、チュウォン演じる兄ジャンウが、妹ウンジのスカートの丈が短いことを気にし、なんとかズボンをはかせようとする微笑ましいシーンからスタート。子どもじみた行動をとり、ウンジを困らせつつも、バイクを運転する前には優しくヘルメットを被せて、愛情たっぷりに“ほっぺをムギュッ”とするなど、優しい兄として面倒見のよい一面を見せている。妹のウンジも、そんな兄の過保護すぎる扱いにムクれながらも、まんざらでもない様子。そんな兄妹のツンデレなやりとりは、本作の見どころの1つとなっている。


本作での役柄について、チュウォンは「ジャンウは製氷工場をメインに妹を養うため洗濯場、ゲーム機レンタルなど色々な仕事をしている、地方で働く平凡な青年です。ジャンウは表情も少なく無愛想ですが、親のように妹を愛する兄です。彼には家族が妹しかいません。家族を失う悲しみは皆同じです。そんな心情を代弁しながら、切実に犯人を追いかけます」とコメント。幼少期に両親を亡くし、親代わりとして妹を自分の手でしっかり守ろうとする芯の強い青年を熱演する。

だが、最愛の妹を永遠に失ったときに、その兄は…。この後に待ち受ける壮絶なリベンジがいっそうに胸に迫る仲良し兄妹の様子を、こちらの映像からも確かめてみて。

『あいつだ』は4月16日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加