【シネマカフェ的海外ドラマvol.349】人気スターのあの頃part3…若きジェームズ・フランコ出演の「フリークス学園」

海外ドラマ コラム

「フリークス学園」Netflixでオンラインストリーミング中
「フリークス学園」Netflixでオンラインストリーミング中 全 12 枚 拡大写真
少し前の作品だけれど、今観ても面白い、むしろ今こそ観るべきドラマたちをピックアップ。今回ご紹介する作品でも、“スターのあの頃”を見ることができます!

3本目の作品として注目したいのは、1999年から2000年にかけて米NBCで放送された「フリークス学園」。日本でもかつて日本テレビの深夜枠で放送されたことがありますが、待望の配信がNetflixで始まりました。

8月公開の『ゴーストバスターズ』も話題のポール・フェイグをはじめ、『40歳の童貞男』のジャド・アパトーら、錚々たる面々が製作、脚本、監督として名を連ねる「フリークス学園」ですが、スタッフが豪華ならキャストも今思えば非常に豪華。ジェームズ・フランコをはじめ、セス・ローゲン、ジェイソン・シーゲル、「ER 緊急救命室」のサムことリンダ・カーデリーニ、「BONES」のDr.スイーツことジョン・フランシス・デイリーらがメインキャストとして出演しています。何せ15年以上前の作品ですから、ジェームズ・フランコもセス・ローゲンも若い! のですが、当時ローティーンのジョン・フランシス・デイリーに至っては、とても可愛らしい少年といったところです。

物語の舞台は、ミシガン州のウィリアム・マッキンリー高校。そこに通う生徒であり、スクールカーストの下位に位置する“イケていない子たち”が、キラキラや胸キュンとは縁遠い青春模様を織りなしていきます。原題の“Freaks and Geeks”は「変わり者たちとオタクたち」の意味で、まさに主人公たちを指す言葉。優等生だったにもかかわらず変わり者グループの仲間入りを果たしたリンジー(カーデリーニ)とそのサエない弟サム(デイリー)を中心に、チャーミングなダメ男ダニエル(フランコ)、優しいけれど思い込んだら一直線過ぎるニック(シーゲル)、賢くて辛辣な皮肉屋ケン(ローゲン)らが放課後の校庭でうだうだしたり、恋をしたり、学園生活や家庭の問題に悩んだり、無茶をして楽しんだり。キラキラや胸キュンとは一味違うと言ったものの、その姿はどこかキュートで共感大。ままならない彼らの青春に、引き込まれてしまいます。

しかしながら、番組はシーズン1で終了。スタッフ陣やキャスト陣のその後の活躍ぶりを考えても、内容の秀逸さを考えても、リンジーやダニエルの毎日を全18話分しか観られないことは残念としか言いようがありません。そんな意見を持つ者は少なくなく、TIME誌の選ぶ“オールタイム・ベスト番組100”やTVガイド誌やエンターテイメント・ウィークリー誌の選ぶ“歴代の名作カルト番組”にも後にランクインしました。今やスター俳優になったジェームズ・フランコのイケメン高校生ぶりを目撃するもよし、プロデューサーや脚本家としても精力的に活動するセス・ローゲンのフレッシュな演技を堪能するもよし、そして何より、とてつもなく愛おしい青春ドラマの世界を味わい尽くすもよし。ぜひとも、今こそチェックしてみてください。

《text:Hikaru Watanabe》

この記事の写真

/

特集