【シネマカフェ的海外ドラマvol.350】人気スターのあの頃part4…息ぴったりのJ・マカヴォイ&A=マリー・ダフ「恥はかき捨て」

海外ドラマ コラム

ジェームズ・マカヴォイ&アンヌ=マリー・ダフ/「恥はかき捨て」Netflixにてオンラインストリーミング中
ジェームズ・マカヴォイ&アンヌ=マリー・ダフ/「恥はかき捨て」Netflixにてオンラインストリーミング中 全 10 枚 拡大写真
少し前の作品だけれど、今観ても面白い。むしろ今こそ観るべきドラマたちをピックアップ! 今回ご紹介する作品でも、“スターのあの頃”を見ることができます。

4本目の作品として注目したいのは、2004年から2013年まで放送された英国ドラマ「恥はかき捨て」。米国ドラマ「シェイムレス 俺たちに恥はない」のオリジナル版としても知られるシリーズが、Netflixで配信中です。

米国版の日本放送が始まってから早数年、満を持しての日本上陸となった「恥はかき捨て」ですが、物語の始まりは米国版とほぼ同じ。ただし、英国版の舞台はマンチェスターで、米国版の舞台はシカゴ。オリジナルのエッセンスを保ちつつ、米国ドラマとして上手に生まれ変わらせたのが「シェイムレス 俺たちに恥はない」だと言えます。

主人公は、飲んだくれのダメ親父フランク、両親に変わって弟や妹たちの面倒を見る長女フィオナら、ギャラガー家の面々。個性豊かでたくまし過ぎる彼らが決して思い通りにはいかない日常の中で時にゆるっと、時に力強く生きる様が描かれていくのですが、そんな中に見覚えのある顔が。フィオナと恋に落ちる青年スティーヴ役で、ジェームズ・マカヴォイが出演しています。しかも、フィオナを演じているのは、残念ながら先頃離婚してしまったものの、約10年間にわたって連れ添ってきた元妻アンヌ=マリー・ダフ。このドラマこそが、2人の出会いの場でした。

その事実にも納得させられるほど、劇中の2人は息もぴったり。スティーヴがフィオナに一目惚れし、距離を縮めていく展開が非常にキュートで、見ているこちらまでドキドキさせられてしまいます。さらに、英国版も米国版も赤裸々な描写とシニカルなユーモアが作品の持ち味となっていますが、スティーヴとフィオナのラブシーンもダイナミック。フィオナと喧嘩をしたスティーヴが全裸の自分にお花をあしらい、仲直りのプレゼント(!)として我が身を差し出そうとするシーンなどもあり、若きマカヴォイ、体を張っております。ちなみに、米国版でフィオナとスティーヴを演じているのは、エミー・ロッサムとジャスティン・チャットウィンの『DRAGONBALL EVOLUTION』コンビ。こちらも相性ばっちりで、米国版におけるフィオナとスティーヴの物語は、マカヴォイもアンヌ=マリーも2シーズンで番組を去った英国版より膨らみを持たせたものになっています。

『X-MEN:アポカリプス』の日本公開も8月に控えるなど、今や映画界の人気スターとなったジェームズ・マカヴォイ。そんな彼の記念すべき出演ドラマが観られることになったように、最新作だけでなく、なかなか日本上陸が実現しなかったシリーズもどんどん観られるようになってほしい! より多くのドラマを観られる環境になった今だからこそ、期待は増すばかりです。

《text:Hikaru Watanabe》

この記事の写真

/

特集

友だち追加