庵野秀明代表「カラー」10周年記念展開催!『ヱヴァ』『シン・ゴジラ』など

最新ニュース スクープ

「株式会社カラー10周年記念展」(c)カラー
「株式会社カラー10周年記念展」(c)カラー 全 3 枚 拡大写真
「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が代表を務めるカラーの企画展覧会「株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」は11月23日から30日まで、ラフォーレミュージアム原宿にて行われる。このたび、展示内容や描き下ろしビジュアルが明らかになった。

「株式会社カラー10周年記念展」では同社が携わってきた作品の資料など約300点が展示される。まず代表作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズからは約160点の原画や設定資料をラインナップ。宣伝物などに使用されたイラストの原画も初公開となる。
庵野秀明が脚本・総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』からは、第2形態・第3形態・第4形態の雛型を展示。3形態が揃うのは今回が初めてである。

庵野秀明の妻でありカラー取締役でもあるマンガ家・安野モヨコは、展示会のために『監督不行届』番外編として「おおきなカブ(株)」を描き下ろした。会場では原稿が展示されるのに加えて、カラーがアニメ化した映像も上映される。
また2016年9月に期間限定で公開された宇多田ヒカル「桜流し(ヱヴァ:Qバージョン)」のミュージックビデオや、短編オムニバスシリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の原画も登場する。
そのほか、カラーが行う文化事業に関する資料の展示もあり、同社が保管する特撮作品のミニチュアなども堪能できる。カラーの様々な一面を堪能できる貴重な機会となった。

展示会のキービジュアルは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の総作画監督・本田雄が描き下ろした。お馴染みのキャラクターたちがスーツやドレス姿を披露しており、10周年記念展に相応しいイラストに仕上がっている。
入場料金は500円(税込)で、Amazonとローソンチケットでは特典グッズ付きのチケットも販売される。詳細は特設サイトを確認してほしい。

「カラー10周年記念展」描き下ろしビジュアル公開 「監督不行届」番外編のアニメ上映も

《高橋克則》

特集

この記事の写真

/