斎藤工、岡山のゆるキャラの思いを通訳!「東京の水は合わない」

最新ニュース レポート

斎藤工/『種まく旅人 夢のつぎ木』@第29回東京国際映画祭
斎藤工/『種まく旅人 夢のつぎ木』@第29回東京国際映画祭 全 6 枚 拡大写真
映画『種まく旅人 夢のつぎ木』が開催中の東京国際映画祭にて上映され、主演の高梨臨、斎藤工、映画の舞台となった岡山県赤磐市のゆるキャラ“あかいわモモちゃん”が舞台挨拶に登壇した。

日本の第一次産業を応援する映画シリーズ『種まく旅人』の第3弾で、桃で有名な岡山県の赤磐市を舞台に展開する本作。女優になる夢を断念し、亡き兄の遺志を継いで桃の栽培を行なうヒロインが、農林水産省から派遣されたエリート官僚との出会いなどを通じて自分の進む道を模索していくさまを描く。

斎藤さんは、モモちゃんと高梨さんを見やり「右に“桃”と“梨”がいます」とニヤリ。この日、佐々部清監督は欠席となったが、ビデオメッセージを寄せ、そこで「大ヒットしたら臨ちゃん、キスでもしてみますか(笑)?」と語り、会場は笑いに包まれる。これに対し高梨さんが返事をする前に、斎藤さんが「します!」と快諾! 高梨さんは「(大画面のビデオメッセージの)この距離で言われると、冗談なのか真剣なのか…? 大ヒットしてほしいですね」と語ったが、斎藤さんはさらに「監督はこのビデオ、少し前に撮ったんですが『こんなこと言っちゃったけど、すべらないかな…?』と心配してたので、笑ってもらえてよかったですね」と内幕を暴露し、会場は再び笑いに包まれた。

映画の中では、高梨さんがモモちゃんの“中の人”になるシーンもあるが「頭が重くて大変でした…」と苦笑い。ここでも斎藤さんが「僕もいままでいろんなものを被ってきたので、やれと言われれば全然やります!」となぜかノリノリで語り会場をわかせる。さらに、言葉を話せないモモちゃんの通訳を斎藤さんが買って出て、東京国際映画祭での上映について「とても光栄に思います」語り、さらに、岡山から東京・六本木に出てきての感想を尋ねると「都会の水は合わない…」と言い捨て、またまた会場は爆笑に包まれた。

撮影のエピソードを尋ねられると、高梨さんと妹役の安倍萌生のビンタによる“キャットファイト”のシーンの話となり、斎藤さんは「近くで眺めていたら、ビンタの音が山にこだました(笑)。2人の本気を感じましたね」と述懐。高梨さんは「(実際にビンタすルのは)本番だけということだったんですが、私がリハーサルと本番を勘違いして思い切りやったら、思い切り返されまして(笑)」と思わぬ戦いを告白。安倍さんは本作が映画デビュー作ということで、斎藤さんは「きっとこういうものだと思って本気でやったんでしょうね。昔の映画っぽくていいですね!」と嬉しそうに語っていた。

最後に高梨さんは「この映画で、自分の夢って何だろう? って考えたり、大きな夢があっても、ひとつひとつの出会いを大切にし、種をまいて、つぎ木のように夢を繋いでいけたらいいなと思いました」と語り、会場には温かい拍手がわき起こった。

『種まく旅人 夢のつぎ木』は11月5日(水)より公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加