【予告編】女性“副大統領”が主人公!エミー賞常連コメディ「Veep」、Huluで上陸

海外ドラマ スクープ

「Veep/ヴィープ」 (C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
「Veep/ヴィープ」 (C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO and all related programs are the property of Home Box Office, Inc. 全 9 枚 拡大写真
全米有料放送チャンネル「HBO」と提携し、これまでも良質な海外ドラマを日本プレミア配信してきた「Hulu」。このほど、激戦の米国大統領選の決着を待つかのように、エミー賞常連の大人気ドラマ「Veep/ヴィープ」のプレミア配信がスタート。超大国アメリカの女性“副大統領”の活躍(?)を描いた、この政界ドタバタコメディから日本版予告編が解禁となった。

元上院議員のセリーナ・マイヤーは、米国合衆国副大統領に選出され、国に尽くす命を受けた。しかし、セリーナの日々はちっとも充実していない。副大統領に選ばれたときは遂行したい政策があり、大統領のサポート役として自分の能力を最大限に発揮し、頼られる存在になりたいと思っていたが、現実はまるで違った。大統領の仕事のサポート依頼は、全くない。大統領からの電話を毎日待っているが、全く電話は鳴らない。副大統領執務室はホワイトハウスの目と鼻の先なのに…。

セリーナのもとに来る仕事といえば、大統領が急きょ参加できなくなった、“あまり重要でない”イベントへの代理出席。この状況を打破するために彼女はある施策を推し進めようと動き出す。それは使い捨てスプーンやフォークをコーンスターチ製に切り替えるという「クリーン・ジョブ」施策。しかし、この名案と思っていた施策も石油業界から大反発を食らい、八方塞がりに。

そんなセリーナのスタッフたちも曲者ばかり。セリーナの全てを理解しているが口が悪い首席補佐官エイミー、記憶力抜群でセリーナの右腕兼ブレインのゲイリーは全てにおいて“どんくさい”、外見からは想像もつかない破天荒なプライベートを持つ首席報道官マイク、ルックスを武器にする次席報道官ダン、たまに爆弾発言を繰り出す秘書スーとクセが強過ぎる面々。世界を動かす超大国のNo.2なのに、なかなかうまくいかない副大統領セリーナの悪戦苦闘の日々は、今日も続くーー。

鬼才スティーヴン・ソダーバーグ製作総指揮の「The Knick/ザ・ニック」など、HBO作品のHuluプレミアは5作目となる今回。「Veep」といえば、エミー賞コメディ部門の作品賞を2年連続、主演女優賞(ジュリア・ルイス=ドレイファス)にいたっては5年連続で受賞している超話題作。

しかも、米国大統領選で盛り上がりを見せる中、初代大統領のジョン・アダムズが“人類の作った最も不要な職”と嘆いたほどの「副大統領」というポジションに焦点を当てており、実にタイムリーで興味深い!? 超大国No.2の権力者でありながら、空回りばかりする副大統領セリーナの姿を描き出す。


「Veep/ヴィープ」は11月10日(木)よりHuluにて独占配信スタート。※初回のみ3話同時配信、以降、毎週木曜日に1話ずつ新エピソードを配信予定。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/