アデル、ドナルド・トランプ当選によりイギリス帰国へ?

最新ニュース ゴシップ

アデル-(C)Getty Images
アデル-(C)Getty Images 全 4 枚 拡大写真
アデルはドナルド・トランプ氏が次期米大統領に当選したことで、現在拠点にしているアメリカを離れることを示唆していたようだ。

ヒラリー・クリントン氏を支援していたアデルは今回の米大統領戦の結果にひどくショックを受けており、ハリウッドに構える豪邸を捨て去り、故郷のイギリスへ戻ることを真剣に検討しているという。

アデルの友人は「The Sun」紙に「アデルの直感はロサンゼルスを離れるというものでした」「かなりのヒラリー派でしたし、良い結果に恵まれると自信がありました」と話す。

しかしパートナーのサイモン・コネッキーとの間に4歳の息子アンジェロ君を持つアデルはまだ決めかねているところのようで、良い学校もあり、あまりファンから気づかれることもないロサンゼルスに滞在することのメリットとデメリットを天秤にかけているそうだ。

その友人は「(選挙戦)から少し時間が立ち、アデルは学校やライフスタイル、天気、そしていかにイギリスほどか気づかれないかという点でカリフォルニアが素晴らしいところであると実感しています」「(クリントン氏の)民主党はカリフォルニア州の大多数を占めていますので、同じような考えの人たちに囲まれているわけです」と続けた。

(C) BANG Media International

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集