永野×三浦×白濱、頭ポン&床ドン… 原作の名場面満載『ひるなかの流星』特報

映画 邦画ニュース

『ひるなかの流星』(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)やまもり三香/集英社
『ひるなかの流星』(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)やまもり三香/集英社 全 3 枚 拡大写真
累計発行部数212万部を突破したやまもり三香の人気コミックを原作に、永野芽郁主演で贈る映画『ひるなかの流星』。この度、本作の胸キュンシーン・セリフ満載の特報映像とポスタービジュアルが到着した。

田舎でのんびりと暮らす高校1年生の与謝野すずめ(永野芽郁)は、両親の海外転勤を機に、東京に住む叔父・諭吉のもとに預けられることになった。転校先の高校で出会ったのは担任教師のイケメン・獅子尾(三浦翔平)。“女子が大の苦手”で一見無愛想なクラスメイト・馬村(白濱亜嵐)。誰にでも愛想の良いクラス一の美女・ゆゆか(山本舞香)。困った時にいつも助けてくれるヒーローのような獅子尾に、すずめは生まれて初めて恋をする。獅子尾は、すずめの真っ直ぐで純真な様子に惹かれながらも、「教師」という立場から自分に素直になることができないでいた。

一方馬村も最初は鬱陶しく感じるが、いつも明るく分けへだてなく接してくれるすずめに、獅子尾のことが好きだと知りつつ惹かれていく。すずめは切ない初恋にもがきながらも徐々にクラスに馴染んでいくが、馬村を慕うゆゆかの想いに気づく。すずめ、獅子尾、馬村、ゆゆか。それぞれが、自分の気持ちに向き合い、相手の気持ちに向き合ったとき、迎えるエンディングとは…。そして、すずめの初恋の行方は――!?

キャストには、与謝野すずめ役に永野さんを始め、すずめが初めて恋に落ちる担任教師・獅子尾五月役の三浦翔平、すずめに惹かれていく“女子が大の苦手”なクラスメイト・馬村大輝役の白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)、女子力ナンバーワンのすずめのクラスメイト・猫田ゆゆか役の山本舞香らが出演。原作者も自ら「本当に素晴らしい方々に恵まれた」と語るキャスティングは、ファンの間で大反響を巻き起こしている。

そして今回、本作の映像が初解禁! 等身大の女子高生を語るすずめのナレーションで進む映像は、馬村の「好きだ」という告白や、手つなぎ登校、獅子尾の後ろから抱きしめるバックハグ、頭を撫でる頭ポンなど、恋心をくすぐる興奮の胸キュンシーン・セリフが満載! さらに、最後にはすずめと馬村が互いの顔を限界まで接近させた床ドンのシーンと、原作の名場面も目白押しとなっている。


また併せて永野さん、三浦さん、白濱さんが写し出されたポスタービジュアルも解禁。「先生に、恋した。」「同級生に、恋された。」と綴られたキャッチコピーが、甘くほろ苦いすずめの初恋を物語っているようだ。

『ひるなかの流星』は2017年3月24日(金)より全国東宝系にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/