エミー・ロッサム、ウエディングドレスのデザイナーの名前を明かす

最新ニュース ゴシップ

エミー・ロッサム-(C)Getty Images
エミー・ロッサム-(C)Getty Images 全 5 枚 拡大写真
エミー・ロッサムが、ウエディングドレスをキャロリーナ・ヘレラにデザインしてもらっていることを明かした。

エミーは2015年8月に婚約した、TVシリーズ「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」のクリエイター、サム・エスマイルとの挙式を準備中だ。彼女は6日(現地時間)、ニューヨークで行なわれたイベント「キャロリーナ・ヘレラを讃える夕べ」に出席し、レッド・カーペットで「彼女に作ってもらうのよ。いま言えるのはそれだけよ」と「E!」に語った。

キャロリーナ・ヘレラは、ヴェネズエラ出身で77歳のキャロリーナが1981年にスタートさせたブランド。現在は娘のキャロライナ・ヘレラ・デ・バエスと2人でデザインを手がけ、エイミーは以前からこのブランドを愛用。キャロリーナについて、「ファッション・フェアリー・ゴッドマザーのような人」「エレガントで、とっても面白い人。キャロリーナを友だちと呼べる私はラッキーだわ」とコメントしたこともある。

2013年から交際しているサムとの挙式の詳細については多くを語っていないエイミーだが、ドレスのデザインを頼んでいるということは近いうちにゴールインはまちがいなさそうだ。

《text:Yuki Tominaga》

特集

この記事の写真

/