星野源、「夜は短し歩けよ乙女」アニメ映画化に主演!原作・森見登美彦は「感無量」

映画 邦画ニュース

『夜は短し歩けよ乙女』キービジュアル(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
『夜は短し歩けよ乙女』キービジュアル(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会 全 4 枚 拡大写真
最終回に向け異例の視聴率上昇を続け、“恋ダンス”が大流行するなど、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でさらなる人気を獲得した星野源が、森見登美彦によるベストセラー恋愛小説「夜は短し歩けよ乙女」のアニメ映画化に主演。同じ森見さん原作の「四畳半神話大系」監督の湯浅政明から、直筆レターでオファーを受けていたことが分かった。

舞台は、京都。大学のクラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”。今日も、“なるべく彼女の目にとまる作戦”、略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて…。京都の街で、個性豊かな仲間たちが次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆく。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いは、どこへ向かうのか――。

原作は、第20回山本周五郎賞受賞、並びに2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計120万部を超えるベストセラー。京都を舞台にした、どこかファンタジックな青春恋愛物語である本作は、「大学生が選ぶ本」第1位に選ばれ続けるなど、森見作品の中でも最もファンの多い作品の一つで、今回、満を持してのアニメーション映画化。

監督は、ロビン西の同名コミックを完全映画化した『マインド・ゲーム』や、TVアニメ「ピンポン THE ANIMATION」などを手がけ、アメリカやフランスなど海外からもオファーが続く湯浅政明。脚本は上田誠(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案に中村佑介、さらに主題歌を「ASIAN KUNG-FU GENERATION」が担当するという、森見さん原作の「四畳半神話大系」と同じクリエイター陣が6年ぶりの再集結。同じ森見さん原作で世界観や登場人物を共有する「四畳半神話大系」は、斬新な映像表現と構成力で熱狂的な人気を博し、TVアニメとして史上初の文化庁メディア芸術祭大賞を受賞した傑作。

そんな本作の主人公、“黒髪の乙女”に思いを寄せるも、恋に臆病で一向に進展させられない冴えない大学生の“先輩”の声を務めるのが、星野さん。社会現象化している「逃げ恥」など役者としてはもちろん、昨年に続き紅白歌合戦にも出場するなど、シンガーソングライターとしても人気を博し、さらに文筆家と、さまざま分野で活躍する星野さんが、アニメ声優としては単独初主演を務める。

解禁となった中村さんによるキービジュアルでは、舞台となる京都の四季を背景に、瞳を輝かせた乙女に対し、がんじがらめで動けなくなっている“先輩”の姿が描かれている。その様子は、やはりどこか雰囲気が星野さんと似ているような…。また、特報映像では、色鮮やかな京都の季節が移りゆく中で、個性的な面々に囲まれ奮闘する“先輩”の姿を目にすることができる。まさに星野さんにぴったりの“先輩”、今後の続報にも期待していて。



<以下、コメント>
■星野源
湯浅政明監督からある日、直筆の手紙が送られてきました。お会いしたこともないのになぜ? と思いながら封を開けると「星野源さんに主人公を演じていただけたら、絶対に面白い作品になります」と直筆にてオファーの言葉がありました。映画『マインド・ゲーム』を観た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした。“先輩”役、とても楽しみです。何卒よろしくお願いします。

■監督・湯浅政明
森見登美彦先生の御長女「夜は短し歩けよ乙女」待望のアニメ映画化です! 「四畳半神話大系」のスタッフが再び集結して張り切って制作いたしました! 映画はタイトル通り、乙女が一晩歩き続けながら進行します! 森見先生が構想しながら使わなかったアイディアも実現! 以前読んだときは気づかなかった、思わぬキャラクターの関係も読み解きました! 先輩の声を、なんと星野源さんが担当ということも皆が張り切る理由に!! 面白いこと請けあいなので、ぜひ劇場でご覧になってください!!

■原作・森見登美彦
これまでの長い紆余曲折を振り返れば感無量。湯浅監督をはじめ関係各位のご尽力に深く感謝しつつ、「黒髪の乙女」と銀幕で出会える日を楽しみにしております。

『夜は短し歩けよ乙女』は2017年4月7日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/