「笑ゥせぇるすまん」28年ぶりにTVアニメ化!闇の世界から再降臨「ドーーン!!」

最新ニュース スクープ

-(C)藤子スタジオ/笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会
-(C)藤子スタジオ/笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会 全 2 枚 拡大写真
「怪物くん」「忍者ハットリくん」など大人から子どもまで虜にする藤子不二雄Ⓐによる大人気ブラック・ユーモア漫画「笑ゥせぇるすまん」が、28年振りにテレビアニメ化されることが決定。主人公・謎のセールスマン喪黒福造の声を、声優界の重鎮・玄田哲章が担当することが分かった。

もし、あなたの隣りに喪黒福造が現れたら? ターゲットにされたら最後、もう後戻りできなくなるかも…。ストレス社会に生きるサラリーマンやOL、または社会的に地位の高い者など、ちょっとした悩み・コンプレックスなど“ココロのスキマ"に入り込み、願望を叶えてくれる。しかし! 約束を破った場合または忠告を聞き入れなかった場合には大きな代償が待っている…「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん。ただのセールスマンじゃございません。私の取り扱う品物は心、人間の心でございます。この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり、そんな皆さんの心のスキマをお埋め致します。いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたらそれが何よりの報酬でございます。さて、今日のお客様は一体どんな人なんでしょうねェ…ホーッホッホッホッ…」

1968年「ビッグコミック」(小学館)に「黒イせぇるすまん」として登場し、1989年にはTBS放送の「ギミア・ぶれいく」コーナー内で「笑ゥせぇるすまん」に改題しTVアニメ化、翌年にはテレビ朝日でドラマ化もされた本作。喪黒の「ドーン!」と言う呪文や「ホーッホッホッホッ」と特徴のある笑い方が注目され、老若男女から人気を博した。

そしてこの度、原作の雰囲気はそのままに、オリジナル脚本も交えた1話完結のオムニバス形式で現代版「笑ゥせぇるすまん」がテレビアニメ化されることが決定。今年7月に立ちあがったアニメ枠「あにめのめ」の第3弾作品として、「笑ゥせぇるすまんNEW」と題し2017年春、放送される。

本作の主人公・謎のセールスマン喪黒福造の声を務めるのは、故・大平透に代わり、アーノルド・シュワルツェネッガーの声でお馴染みの玄田さんが担当することに。大平さんは生前、喪黒福造役の後任は玄田さんにと指名しており、今回のバトンタッチが実現。玄田さんは「まさか私が大平先輩のあの役を引き継ぐことになるとは…。なにしろ有名なキャラクターですのでイメージをこわさぬように、けれど、私なりの味付けで楽しんでいただければと思います」と意気込みを述べた。

藤子氏は、「主人公の喪黒福造のキャラができたとき、『やった~!』と思いました。TBSの番組『ギミア・ぶれいく』でアニメ初登場、予想外の女性や子どもたちに大人気となりびっくり!」と当時をふり返り、「あれから28年たち、再び闇の世界からやってきます! 私はすっかりトシをとってしまいましたが、不老不死の喪黒氏はますます元気です。さあ、彼が今回はどんな活躍をするか!? おおいに御期待ください!」とコメントを寄せた。

さらに、ストレス社会に生きる現代人のココロの闇と欲求、人間の本質である弱さ、愚かさなど誰もが“ドキッ!”する悩みを抱えた個性的なゲストキャラクターが毎話登場! 超豪華な実力派声優人が担当予定ということで、こちらも楽しみに待ちたい。

「笑ゥせぇるすまんNEW」は2017年春、TOKYO MX、読売テレビ、BS11、アニマックスにて放送予定。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

PCサイト