福士蒼汰の凛々しい表情…『曇天に笑う』ウルトラティザーチラシビジュアル解禁!

映画 邦画ニュース

『曇天に笑う』(C)映画『曇天に笑う』製作委員会  (C)唐々煙/マックガーデン
『曇天に笑う』(C)映画『曇天に笑う』製作委員会 (C)唐々煙/マックガーデン 全 11 枚 拡大写真
累計120万部を誇る、大人気コミックシリーズを実写化する『曇天に笑う』。この度、本作のウルトラティザーチラシビジュアルが到着した。

物語の舞台は、明治維新後の滋賀県・大津。300年に一度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇。大蛇復活の年、その力を阻止するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇家の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲は、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとしていた。しかし、その力を手に入れ明治政府を転覆させるため動き出した最強の忍者集団・風魔一族の暗躍により、曇天三兄弟の行く手は阻まれてしまう。曇天三兄弟vs犲vs風魔一族…三つ巴、空前絶後の戦いが、いま始まる――!

キャストには、本作で時代劇映画初主演を果たす福士さんが曇天三兄弟の長男・曇天火を演じ、次男・空丸役を中山優馬、三男・宙太郎役を若山耀人が担うほか、この三兄弟を軸に、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹らイケメンキャストたちが集結している。

そしてこのほど到着したのは、大津の平和と弟たちを守るために戦う、福士さん演じる主人公・曇天火の、男らしさとかっこよさを全面に押し出して表現されたチラシビジュアル。天火の武器となる赤い鉄扇からちらりとのぞく凛々しい表情と、和洋折衷の衣装が映画の世界観を想像させ、本作への期待感がより一層高まる仕上がりになっている。

『曇天に笑う』は2018年2月より全国にて公開予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集