【予告編】チョン・ウソンが修羅場を見せる!韓国の“野獣男”勢ぞろい『アシュラ』

韓流・華流 スクープ

『アシュラ』 (C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
『アシュラ』 (C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved 全 2 枚 拡大写真
チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフンが豪華共演を果たしたノワールエンタテインメント『アシュラ』。このほど、韓国を代表する“野獣男”(ヤジュメン)の彼らが、本当の“修羅場”を見せる予告編が解禁となった。

本作は、架空の都市“アンナム市”を舞台に、悪徳市長とその悪徳市長に利用される刑事、そして彼らの悪事を暴こうとする検事たちの駆け引きを描く、悪人だらけのノワールエンターテインメント。

主演を務めるのは、『私の頭の中の消しゴム』や『グッド・バッド・ウィアード』などで知られるチョン・ウソン。本作では、市長の悪事を処理しながら悪人の道に入り込んだ不正刑事ハン・ドギョンを熱演。そんな彼を利用し、利権と成功のために犯罪に手を染める強欲な悪徳市長パク・ソンベ役には、韓国で記録的大ヒットとなり、日本でも好評を博した『ベテラン』のファン・ジョンミン。さらにドギョンへの義理から悪徳市長の手下となり悪に侵されていく若き刑事ムン・ソンモ役を、世の女性を虜にしてきたチュ・ジフンが演じる。

メガホンを取るのは、『MUSA -武士-』のキム・ソンス。「日本よ、これが本当の修羅場だ!」とばかりに、男たちの哀愁、そして韓国ノワールの真骨頂を見せつけ、韓国史上最強にして美しき俳優陣が繰り広げる悪人たちの地獄絵図をスクリーンに焼きつける。

届いた予告編は、イケメン俳優のチョン・ウソンが椅子に縛り付けられ、ボコボコに殴られるという痛々しいシーンから幕を開ける。ほかにも頭から血を流しながら車を運転したり、グラスを噛み砕いたりと、いままで見せたことのない、本能むき出しの凄まじい表情を見せる。日本でも一世を風靡した『私の頭の中の消しゴム』で献身的な夫を演じたイメージを本作では完全に打ち消している。

さらに、「飼い犬が主人を噛むとはな」と言いながらファン・ジョンミン演じる悪徳市長がチョン・ウソンのこめかみにタバコを押し付ける容赦なき制裁も! 誰もが従うことしかできない悪徳市長の支配力が垣間見えるシーンであり、その闇の奥深さをも映し出していく。そして、何と言っても見どころとなるのは、葬儀場での乱闘シーン。韓国映画史上最も多い血糊の量、さらには野獣男(ヤジュメン)たちのオンパレードと過激な暴れっぷりに心拍数は上がりっぱなし。



本当の地獄と呼ぶに相応しい修羅場を、ここから目に焼きつけて。

『アシュラ』は2017年3月4日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/