ブラピ&マリオン、愛の先に待ち受けるものは…『マリアンヌ』日本オリジナル予告編

映画 洋画ニュース

『マリアンヌ』 (C)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
『マリアンヌ』 (C)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved. 全 5 枚 拡大写真
ブラッド・ピットがアカデミー賞監督ロバート・ゼメキスとタッグを組んだ主演最新作『マリアンヌ』。タイトルの秘密を抱える女“マリアンヌ”を、アカデミー賞女優でもある実力派マリオン・コティヤールが務める本作から、愛の先に涙する夫婦の姿をとらえた日本オリジナルの予告編が解禁となった。

1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス、決して交わることのない人生を歩んでいた2人は、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装って敵の裏をかき、ドイツ大使を狙う作戦だった。その後、ロンドンで再会した2人に、愛が芽生え始めるのは自然のことだった。しかし、マリアンヌには愛した人にも決して言えない“ある秘密”を抱えていた――。

衝撃的な真実に向き合いながらも、愛する人を信じて運命に立ち向かう2人が繰り広げる切ないラブストーリーとなる本作。今回届いた映像は、日本のブラッドとマリオンファンのためだけに制作された、情感たっぷりの日本オリジナル予告編となっている。

「2人の間には、映画を超えた真実の愛があるのでは?」とゴシップの格好の標的になってしまったほど、車内での熱烈キスシーンをはじめ、見つめ合う2人の麗しさと真に迫る情熱的な姿が印象的な本映像。

運命に導かれるように出会ったマックスとマリアンヌが、戦時下という激動の時代においても愛を育み確かめ合うロマンティックな雰囲気は、妻に向けられたまさかの疑惑により一変。疑惑が本当なら自らの手で愛する妻を始末するよう、非情な命令が下ったマックスは、タイムリミットが近づく中、信じたい愛のために妻の無実の証明に奔走しつつも渦巻く疑念に揺れ動く。

覚悟を決めた瞳で遠くを見つめるマリアンヌが流した涙の意味とは? また、ラストにマックスが見せるあまりにも痛々しく切なさがにじむ雨中の涙の訳は? これまでの映像では明かされてこなかった、2人の苦悩の姿と涙の決断が映し出されており、感涙の結末が待ち受けることを予感させる仕上がりとなっている。


ちなみに、本年のGOOGLE検索ワードランキング(全世界版)では、俳優部門でブラッドが1位、女優部門ではマリオンが2位となるなど全世界的に注目を集めた2人。もちろん互いに否定はしているが、劇中で醸し出す“真剣愛”のリアルさは、観る者の涙を増幅させる要素のひとつとなるかもしれない。

なお、いよいよシーズンが本格化している本年度の賞レースでは、第22回放送映画批評家協会賞では衣装デザイン賞(ジョアンナ・ジョンソン)、第21回サテライト賞では美術賞(ゲイリー・フリーマン)と録音・音響効果賞の2部門にノミネートされ、本作の舞台である1940年代のカサブランカやロンドンを見事に表現した世界観への高評価が目を引く。第13回女性映画批評家協会賞では最優秀スクリーン・カップル賞と性の平等賞の2部門にそれぞれノミネートされ、ブラピとマリオンが体現した愛の形が評価されている。

『マリアンヌ』は2017年2月10日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/