【予告編】國村隼、初受賞の快挙!『チェイサー』監督最新作『哭声/コクソン』

韓流・華流 スクープ

『哭声/コクソン』 (C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION
『哭声/コクソン』 (C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION 全 4 枚 拡大写真
カンヌ国際映画祭を始め世界の映画祭が熱狂し、韓国2大映画賞の1つ「青龍映画賞」では國村隼が外国人俳優として男優助演賞を初受賞した『哭声/コクソン』。このほど、戦慄の日本オリジナル予告編が解禁となった。

平和な田舎の村に、得体の知れない“よそ者”がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男についての謎めいたうわさが広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして殺人を犯した村人は必ず、濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日、自分の娘にも殺人犯たちと同じ湿疹があることに気づく。ジョングが娘を救うために“よそ者”を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像てきない結末へと走り出す――。

韓国映画史上に残る究極のサスペンス・スリラーとして、世界を震撼させている本作。『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督が手がけ、今年韓国では観客動員数700万人に迫る大ヒットを記録している。本作で、村にやってきた“よそ者”を怪演した國村さんが「青龍映画賞」にて男優助演賞と人気スター賞の2冠を達成したほか、ナ・ホンジンが監督賞と5冠を獲得した。

このたび、本作の圧倒的な緊張感と重厚感が伝わる日本オリジナル予告編が完成。平和な田舎の村で、村人が自分の家族を殺す凄惨な事件が多発、警察官のジョングが事件を担当するところから映像が始まる。現場を目撃したという女性ムミョンに話を聞いたジョングは、その原因ではないかと噂される得体のしれないよそ者に疑いを向けるようになる。そんなある日、娘に犯人たちと同じ湿疹があることに気づいたジョングは、彼女を救うために祈祷師イルグァンを呼ぶが、彼はジョングに「あいつは人間じゃないぞ。悪霊だ」と言い放つ――。

過去2作品では、スピード感のある展開で手に汗握るスリルを描いたホンジン監督だが、「暴力描写でスリルを与えたいままでのやり方は避けたかった」と語り、本作ではこれまでとは打って変わって、じわじわと息の根を止めるように高まる緊張感と全く先の読めない展開、圧倒的に迫力ある映像で観客を物語に引きずり込んでいく。そんな映画のエッセンスを感じられる重厚感たっぷりの映像となっている。また、「見ているものは本当に真実なのか?」という予告中のナレーションが、本作の謎に迫る重要なキーワードとなっているという。


警察官ジョングを演じるのは、43歳にして本作が初の主演作となる名脇役クァク・ドウォン。監督に『哀しき獣』の出演者で最も印象に残ったと言わしめ、今回大抜擢となった。日本から参加した國村さんも、受賞も納得の体を張った熱演を披露。そのほか、日本で主演作公開が相次ぐファン・ジョンミン、演技派の若手女優チョン・ウヒといった実力派がそろう。

『哭声/コクソン』は2017年3月11日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/