【シネマカフェ的海外ドラマvol.357】父ダニー&親友ジョーイが語る“家族のあり方”「フラーハウス」インタビュー

海外ドラマ コラム

ボブ・サゲット&デイブ・クーリエ「フラーハウス」/photo:Takashi Tokita
ボブ・サゲット&デイブ・クーリエ「フラーハウス」/photo:Takashi Tokita 全 7 枚 拡大写真
名作ドラマ「フルハウス」の続編が、現在Netflixで配信中! そのシーズン2の配信開始に合わせ、来日を果たしたキャストたち。主人公であるタナー家の長女DJ役のキャンディス・キャメロン・ブレ、次女ステフ役のジョディ・スウィーティン、DJの親友キミー役のアンドレア・バーバーに続き、今回はDJやステフの父ダニー役のボブ・サゲット、ダニーの親友ジョーイ役のデイブ・クーリエがインタビューに応じてくれました。

「フルハウス」ではまだ幼い娘たちを懸命に育てていたダニー、そんな彼の良き協力者だったジョーイ。それだけに、いまや大人になった娘たちが子育てに奔走する「フラーハウス」に対しては感慨深いものがあるようです。

「僕自身には20代の娘が3人いて、そのうちの1人にはボーイフレンドもいる。けれど、まだどの娘にも子どもはいないから、孫役の子たちに“おじいちゃん”と呼ばれるとぎょっとするよ(笑)。いつか僕もダニーのようになるのかな…。まあ、孫ができたときは、お小遣いをやって手なずけるつもりだけどね!」。(ボブ)

「彼女たちを幼い頃から見てきたけど、3人とも本当に美しく立派な大人の女性に成長したと思う。『フラーハウス』に出てくる家族はちょっとばかり機能不全家族だと言えるけど、それでも見ていて気持ちのいいものだよ」。(デイブ)

デイブの言葉通り、『フラーハウス』では複数の家族が少々いびつに入り乱れていて、「シーズン2は特に“みんなおいで!”って感じ」。大勢のキャストが集う撮影セットはボブいわく「宇宙船みたい」だそうで、「僕たちのドラマは『スター・トレック』のファミリー版だとも言えるね」とのことです。

そんな中、ボブとデイブは撮影時も(大人なのに)じゃれ合っているようで、このインタビュー中にもその片鱗が。隙あらば互いの腕をペシペシとはたき合ったり、頬をムギュッとつまんでみたり、テーブルの上に置かれていた花瓶の花の実を投げ合ったり…。「僕たち心は10歳だから。教室にいるでしょ? こういう奴ら。大抵は退学させられちゃうんだけど」と自身も認めるコドモぶり…、ではなく仲良しぶりでした。

実際、ダニーの義弟ジェシー役のジョン・ステイモスも含めた彼ら3人は、『フルハウス』を通して本物の友情を築き上げてきたそうです。

「僕ら3人は兄弟みたいなもの。人生のあらゆることを共有してきた。結婚、子どもの誕生、離婚、家族との死別といった様々な出来事を、みんなで体験してきたんだ」(デイブ)。

「ある晩、ジョンと僕が一緒にディナーをしていたことがあってね。ところで、ジョンは5時に夕食を取って、8時には寝るんだ。おばあちゃんみたいだよね。でも、だからあんなにお肌がスベスベなんだ(笑)。さておき、そのとき、デイブのお母さんがもう長くない状況になり、彼から電話がかかってきた。ジョンと僕はデイブの家に駆けつけ、裏庭で人生について語り明かしたよ。そういった互いに対する愛情は、脚本の台詞ではないところにもにじみ出ている。そういう番組なんだ、『フルハウス』は」(ボブ)。

もちろん、その愛情は“娘たち”にも向けられていて、「ジョディは僕の長女と仲がいいし、キャンディスをサーカスやコンサートに連れて行ったこともある」とボブ。それだけに、シーズン2で彼女たちが織りなす恋愛模様にもパパの心は穏やかではないようです。

「DJはマットとスティーブの板挟みになるだろう? 彼らの三角関係を見るのは、本当に胸の痛むことなんだ。スティーブ役のスコット(・ウェインガー)と僕はよくダブルデートをした仲でね。僕が若い女の子ばかりを追いかけていた時期だったから、ちょうどよかったんだ(笑)。だから僕は個人的にスティーブが大好きなんだけど、マットもDJにとってはいい相手のようだし…。あとはステフの恋も気になるところだな。キミーと別れた夫のすったもんだからも目が離せないしね!」。

《text:Hikaru Watanabe/photo:Takashi Tokita》

特集

この記事の写真

/