Dream Ami、永野芽郁『ひるなかの流星』で主題歌を担当!告白から始まる予告編も公開

映画 邦画ニュース

Dream Ami 『ひるなかの流星』
Dream Ami 『ひるなかの流星』 全 4 枚 拡大写真
永野芽郁主演で贈る映画『ひるなかの流星』の主題歌が、Dream Amiが歌う新曲「はやく逢いたい」に決定。さらに、この主題歌が挿入された本作の新予告編が到着した。

田舎でのんびりと暮らす高校1年生の与謝野すずめ(永野芽郁)は、両親の海外転勤を機に、東京に住む叔父・諭吉のもとに預けられることになった。転校先の高校で出会ったのは担任教師のイケメン・獅子尾(三浦翔平)。“女子が大の苦手”で一見無愛想なクラスメイト・馬村(白濱亜嵐)。誰にでも愛想の良いクラス一の美女・ゆゆか(山本舞香)。困った時にいつも助けてくれるヒーローのような獅子尾に、すずめは生まれて初めて恋をする。獅子尾は、すずめの真っ直ぐで純真な様子に惹かれながらも、「教師」という立場から自分に素直になることができないでいた。一方馬村も最初は鬱陶しく感じるが、いつも明るく分けへだてなく接してくれるすずめに、獅子尾のことが好きだと知りつつ惹かれていく。すずめは切ない初恋にもがきながらも徐々にクラスに馴染んでいくが、馬村を慕うゆゆかの想いに気づく。すずめ、獅子尾、馬村、ゆゆか。それぞれが、自分の気持ちに向き合い、相手の気持ちに向き合ったとき、迎えるエンディングとは…。

原作は、2014年まで「マーガレット」(集英社)にて連載され、コミックス累計発行部数は212万部を突破、女子中高生の初恋のバイブルとして絶大な支持を集めているやまもり三香の同名コミック。キャストには、主人公・すずめ役の永野さんを始め、担任の獅子尾五月役に三浦翔平、クラスメイト・馬村大輝役に白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)、猫田ゆゆか役に山本舞香らいま注目のキャストが集結している。

そして今回主題歌を担当することが決定したのは、昨春公開されたディズニー映画『ズートピア』では、日本語吹き替え版主題歌 「トライ・エヴリシング」を担当たことが記憶に新しいDream Amiさん。もともと原作漫画の大ファンだったと言う彼女は、「先生に恋する感じもすごく共感できましたし、同級生とのちょっと幼い、初々しいドキドキもとても良いなと思いました」と原作の感想を語る。また、今回の楽曲「はやく逢いたい」は自らが作詞を担当したそうで、「脚本を読ませていただいて、率直に感じたのが“ヒロインのまっすぐな気持ち”。相手に対するまっすぐな気持ち、全力さとか、慣れない恋愛に対しての純粋な気持ちがすごく素敵だなと思い、そういったヒロインの気持ちをちょっとリアルな現実に重ねたイメージで歌詞を書かせていただきました」と歌詞に込めた思いを明かした。

さらに今回、主題歌「はやく逢いたい」が使用された胸キュンシーン満載の新予告映像も公開。すずめの初恋が巻き起こす、担任教師・獅子尾と同級生・馬村との三角関係や、ゆゆかとの友情が「胸キュン感」溢れるミディアムアップ曲にのり映し出される。生徒への恋に葛藤する獅子尾と、徐々に同級生に惹かれていく馬村の姿。押えられない気持ちでぶつかり合いながらも、すずめの運命の人となるのは一体…!? 劇中のヒロインの姿と重なる楽曲の歌詞に注目しながら、ぜひこちらの予告編を覗いてみて。なお、この主題歌「はやく逢いたい」は、3月22日(水)よりリリース予定となっている。


『ひるなかの流星』は3月24日(金)より全国東宝系にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/