キーラ・ナイトレイ、産後復帰1作目に『素晴らしきかな、人生』を選んだワケ

映画 洋画ニュース

キーラ・ナイトレイ/『素晴らしきかな、人生』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC
キーラ・ナイトレイ/『素晴らしきかな、人生』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC 全 8 枚 拡大写真
恋に仕事に一生懸命な女性を励ましてくれた『プラダを着た悪魔』『マイ・インターン』に続き、今度はすべての大人たちに、人生の“ドン底”という試練から再び歩き出す力を与えてくれる『素晴らしきかな、人生』。主演のウィル・スミスをはじめ、ヘレン・ミレン、ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャら豪華キャストが競演する本作で産後復帰を果たした、キーラ・ナイトレイに注目した。

ニューヨーク、華やかで時代の最先端を走る広告代理店の代表ハワード(ウィル・スミス)。だが、彼は最愛の娘を失ったことで、自分の人生を見失ってしまう。そんな人生ドン底を迎えた男の前に、ある日突然現れたのは3人の奇妙な舞台俳優たち。彼らとの出会いによってハワードの人生に変化が生まれ…。

その美貌はもちろんライフスタイルまで、世界中の女性の憧れを集めるキーラ・ナイトレイ。近年では、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でアカデミー賞にノミネートされ、「シャネル(CHANEL)」のミューズを務めるなど、その活躍は華々しい。第1子出産後の最新出演作となった本作は、絶大な支持を集めるジョン・カーニー監督の『はじまりのうた』と同様、ニューヨークが舞台。改めて、キーラ×ニューヨークの相性の良さを証明している。

キーラが演じているのは、ちょっとミステリアスな舞台俳優エイミー。オーディション会場で出会ったホイット(エドワード・ノートン)に「殻を脱いで人生を変えよう」とひとことだけ残し、その場を去っていくが、エイミーの才能と美貌に魅かれたホイットは彼女の後をつけ、劇場で芝居の稽古をする3人の舞台俳優と出会うことに。

本作の脚本がキーラのもとに届いたとき、彼女は長女を出産したばかりで、子育てを楽しんでおり、出演作を積極的に探していなかったという。「子どもが生まれて間もなかったし、あまり働きたくなかったんです。それで私はいつものように脚本を母に渡しました。たいていの場合、母は『ダメね。断って赤ちゃんと家でゆっくりしなさい』と言うんですが、このときは、読んだあとで泣きながら電話してきて『こんな気持ちになったのはずいぶん久しぶりだ』と言ったんです」とキーラ。

そこで「私もすぐに脚本を読んだ」そうで、「とても感動したし、話の展開が予測できなかったので、ワクワクした」と、彼女は明かす。「エイミーは悲しむハワードに、愛はいいことだけに存在するのではなく、信じがたいほどの苦痛の中にもあること、弱まったり、なくなったりはしないことを教えたいんです。ものすごく興味深い考え方でしょ?」とも語り、今回の役柄の魅力も触れた。

また、ウィルはキーラとの共演を「いろんなアイデアを出し合いながら、一緒にあれこれ考えるのが楽しかった。膝を突き合わせて“愛”とは何なのかについて話し合い、ハワードとエイミーの弁論・反論を構築していったんだ」と、その掛け合いをふり返っている。

衣装を担当したリア・カッツネルソン(同じくNYが舞台の『ワタシが私を見つけるまで』など)は、カジュアルからエレガンス、クラシックまで着こなすキーラの今回の衣装について、「エイミーの服のスタイルはとても女性らしいんですよ。『プラダ(PRADA)』と『グッチ(GUCCI)』の新作とヴィンテージを組み合わせて、ニュアンスを出しました。花柄を中心に色は、藤色、紫、クリーム色が多く、ほんのたまにアクセントとして赤を使いました」という。

「とにかく一歩ずつ踏み出すこと。呼吸を続けること。そうすれば陽の光を感じられる日がいずれまたやって来る。それこそが『素晴らしきかな、人生』なのだと思う」と、自らの想いを話してくれたキーラ。彼女がどんなキャラクターとなって、人生を輝かせるヒントをくれるのか、注目していて。

『素晴らしきかな、人生』は2月25日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/