【USJ】岡田結実がパークで「WOW(ワオ)!」 15周年の“やり過ぎ”体験に大絶叫

最新ニュース レポート

岡田結実&鶴嶋乃愛&日達舞/ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
岡田結実&鶴嶋乃愛&日達舞/ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 全 8 枚 拡大写真
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで1日、15周年“やり過ぎ”プログラムの一環でもある「ベスト・フレンズ・フォーエバー(BFF)・キャンペーン」のスタートを記念して、女子高生タレントの岡田結実、岡田さんとプライベートでも親交が深い学生タレント仲間の鶴嶋乃愛、日達舞が出席。岡田さんはセレモニーで父のネタである「WOW(ワオ)!」を披露した。

3人は学生旅行でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに来場しているゲストとともに、「ザ・フライング・ダイナソー」や「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」などを次々と体験。15周年ならではのユニバーサル・スタジオ・ジャパンの“やり過ぎ”エンターテイメントの数々を体験した岡田さんは、「15周年の“やり過ぎ”体験で、友だちと心の底から絶叫できました! 普段見られない友だちの大絶叫の表情も見ることが出来て、すごく絆も深まったと思いました。世界最高の体験で、友だちとの強いつながりも感じられたし、ぜひ学生の皆さんにもこの場所でいましかできない最高の体験をしてもらいたいです! わたしたちも、絶対来年も来ようね!」と興奮気味に感想を語っていた。

また、セレモニーに突如登場したリアルな肉食恐竜に驚いた岡田さんは、「家でのお父さんよりも声が大きくて、すっごくびっくりした! この“やり過ぎ”体験に、思わず『WOW(ワオ)!』と言いたくなるほど驚いてしまいました!」と、父・圭右のネタを披露した。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

TM & (C) Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (C) JKR. (s17)

TM & (C) 2017 Universal Studios.

(C) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

(C)&(R) Universal Studios. All rights reserved.

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加