【特別映像】ウィル・スミス、成功した広告マンが語る“人生論”…『素晴らしきかな、人生』本編解禁

映画 洋画ニュース

『素晴らしきかな、人生』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC
『素晴らしきかな、人生』(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC 全 10 枚 拡大写真
ウィル・スミスをはじめ、ヘレン・ミレンやケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートンら、豪華キャストが集結した『素晴らしきかな、人生』。このほど、ウィル演じる主人公ハワードが、“ドン底”になる以前、イケイケ広告マン時代だったころに“人生論”を熱く語るシーンがシネマカフェに到着した。

『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督の最新作となる本作。舞台は、冬のニューヨーク。華やかで、時代の最先端を走る広告代理店の代表ハワード(ウィル・スミス)は、最愛の娘を失ったことで自分の人生を見失ってしまう。そんな人生ドン底を迎えた男の前に、ある日、3人の奇妙な舞台俳優たちが現れ…。

今回到着したのは、主人公ハワードがイケイケ広告マンだったとき、社員の前で“広告の極意”…というよりもむしろ“人生論”を、熱くスピーチする冒頭の1場面。ハワードは、広告代理店の代表であり、かつてはクライアントからの厚い信頼を集めるカリスマ広告マンだった。彼の同僚のホイット(エドワード・ノートン)、クレア(ケイト・ウィンスレット)、サイモン(マイケル・ペーニャ)の3人に加え、会社の若い従業員たちも、ハワードのスピーチに熱心に耳を傾けている。

「君の“なぜ”への答えは何だ?」という問いかけから始まるスピーチ。ハワードの表情は、その後の“ドン底”など予感もさせないほど自信に満ちあふれている。「広告は人に伝えることがすべて。人は愛を渇望し、時間を惜しみ、死を恐れる。それこそが人々を繋ぐ要素だ」と、彼の“人生論”ともいえる広告のロジックを熱く語りかける。この後に、最愛の娘の死をきっかけに“愛”、“時間”、“死”、この3つの抽象概念を信用できなくなるとは思いもせずに…。


ウィルは自らが演じたハワードについて、「彼は、自分の人生プランを完璧に立てていた男。知るべきことはすべて把握しているんだ。彼は自分を指導者、マーケティングの達人だと考えている。すごい男ですよ。愛情があり、必要な助言をし、どの友人にも力になろうとした。彼は人生の勝ち方を知っていました」と、そのハワードがいかに成功を収めていたかを語る。

ニューヨークの広告業界の第一線で活躍する広告マンのアツいスピーチは、いわば“勝つための人生論”ともいうべきエッセンスの詰まった、観る者の心に響く深いもの。本作をひと足先に観賞した日本の現役広告マンからも、「思わず自分とシンクロしてしまい涙、涙でした。人生を走り続けることの意味と尊さを考えさせられた」(T.Yさん 34歳/営業/東京)、「他者との繋がりを愛し、絶望し、そして救われてゆく主人公ハワードの姿に、広告マンとして、人として通じるものを感じ、涙があふれた。いま、繋がりを共有したい大切な人と一緒に見てほしい映画」(Y.Hさん 25歳/メディアプランナー/東京)といった共感&感動の声が続々と届いている。

『素晴らしきかな、人生』は2月25日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/