二階堂ふみ、伯爵令嬢役で参加!完璧なる執事・鎌塚氏シリーズが帰ってくる!

最新ニュース スクープ

三宅弘城&二階堂ふみ「鎌塚氏、腹におさめる(仮)」
三宅弘城&二階堂ふみ「鎌塚氏、腹におさめる(仮)」 全 2 枚 拡大写真
演出家、劇作家の倉持裕が手掛ける、舞台「鎌塚氏、腹におさめる(仮)」が8月5日(土)より東京を皮切りに、大阪、島根、広島ほかにて上演されることが決定した。

本舞台は、「鎌塚氏、放り投げる」「鎌塚氏、すくい上げる」「鎌塚氏、振り下ろす」に続くシリーズ第4弾。生真面目で融通のきかない執事・鎌塚氏が、ある屋敷で起こる殺人事件を解決するために奮闘する新作コメディだ。

キャストには、連続テレビ小説「あさが来た」の亀助役で大ブレイクを果たした三宅弘城が、全シリーズ通して演じてきた鎌塚氏役で登場するほか、鎌塚氏の相棒で推理小説かぶれの伯爵令嬢役として、『私の男』で日本アカデミー賞ほか数々の賞を受賞し、その後も『渇き。』『オオカミ少女と黒王子』『何者』など話題作に出演する二階堂ふみが務める。なお、二階堂さんは本シリーズ初参加となる。

さらに、「家族の基礎」に続いての倉持作品となる眞島秀和、お笑いユニット「我が家」から第二の刺客・谷田部俊、三宅さん以外では唯一シリーズ全作に出演となる玉置孝匡、初参加にもかかわらず強烈なキャラが期待される猫背椿と大堀こういちといった個性的で賑やかな顔ぶれでお届けする。

M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、腹におさめる(仮)」は8月5日(土)~27日(日)東京・本多劇場にて上演。※ほか8月~9月愛知、大阪、島根、広島、宮城、富山、静岡にて上演

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/