【映画ではじめるデートプラン 第43回】『サバイバルファミリー』×バレンタインデート in 六本木

最新ニュース コラム

『サバイバルファミリー』(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
『サバイバルファミリー』(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ 全 8 枚 拡大写真
バレンタインシーズンが到来し、チョコレート関連の催事をはじめ、カップル向けのイベントが各地で開かれている。六本木ヒルズでは、1月27日(金)~2月14日(火)までの19日間、「Roppongi Hills St. Valentine 2017」を開催。チョコレート専門店からアパレルショップまで約40店舗が参加し、チョコレートギフトや限定メニューが登場する。特に今年は思わずインスタグラムに投稿したくなってしまうようなフォトジェニックなバレンタインスイーツがラインナップしてるから、要チェックだ。

今月、ぜひカップルで鑑賞したい映画は、演技派俳優・小日向文世と深津絵里が夫婦役で共演した『サバイバルファミリー』。『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』など、数々の大ヒット作を生み出した矢口史靖監督の待望の最新作だ。六本木では、「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」で上映される。

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。お母さんが話しかけても、お父さんはテレビに夢中、息子はヘッドホンから流れる音楽に夢中、娘はスマホでLINEに夢中。一緒にいるのになんだかみんなバラバラな、よくある家族。そんな鈴木家に起こった緊急事態! ある朝起きたら、電化製品が全部とまっている!! しかも我が家だけでなくお隣をはじめご近所も。突然訪れた超絶不自由な生活にほとほと困ってしまう人々。そんな中、亭主関白な父、義之(小日向文世)が下した一世一代の大決断! 果たして、サバイバル能力ゼロの平凡一家は電気がなくなった世界で生き延びることができるのか? いま、鈴木家のサバイバルライフの幕があがる…。

エキセントリックな物語設定だけでなく、撮影に際してロケ隊の総移動距離が地球を4分の1にも及んだというから驚きだ。さらにそのロケ内容の過酷さも話題となった。カップルでサバイバルムービーを鑑賞した後は、「いざとなった時どうする?」なんて会話に花が咲きそうだ。

映画館を出たら、2人で「Roppongi Hills St. Valentine 2017」に参加している店舗をまわってみてはいかが? 六本木ヒルズ内のカフェ、レストラン14店舗ではバレンタイン限定スイーツを展開している。「ヒルズ ダル・マット」では、惑星のような球体のチョコレートにアツアツのガナッシュを流しかけて、チョコレートを溶かすと、中からチョコレートジェラートとナッツが登場する仕掛けスイーツ「ドーム ショコラ」(1,620円)が登場だ。

森タワー52Fのカフェ&レストラン「Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON」でも、東京を一望できる大パノラマを眺めながらスイーツに舌鼓。デートにもうってつけの“天空のバレンタイン“を楽しめる。

カフェでお茶をしたら、やっぱりこの時期ならではのとっておきのチョコレートを2人で選んでみたい。お持ち帰りして、家でじっくりと2人で楽しんでもいい。今年は9店舗でバレンタインチョコレートが販売されるが、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」や「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」「ジャン・ジョルジュ 東京」など名だたる名店のチョコレートや、「エストネーション」や「エル カフェ」「ローラズ・カップケーキ 東京」など、トレンド最先端のショップのバレンタインアイテムも注目だ。

そのほか、2月8日(水)から登場するワゴン ショップの中では、2016年、フランス パリで開かれたサロン・デュ・ショコラ・パリの品評会で最高評価を獲得した「ル ショコラ ドゥ アッシュ」のアイテムや、日本料理店「賛否両論」の笠原シェフが手掛けるチョコレートもチェックしておきたい。

日が暮れたら六本木けやき坂通りへ。約120万灯のLEDのイルミネーションが、道行く恋人たちをあたたかく包み込む。今年は、バレンタイン当日の2月14日(火)まで点灯されている。

『サバイバルファミリー』は2月11日(土)より全国東宝系にて公開。

《text:Miwa Ogata》

特集

この記事の写真

/