中川大志、バレンタインデーにまつわる飯豊まりえの「女子力」を絶賛

最新ニュース レポート

中川大志&飯豊まりえ/『きょうのキラ君』ヒット祈願バレンタインイベント
中川大志&飯豊まりえ/『きょうのキラ君』ヒット祈願バレンタインイベント 全 7 枚 拡大写真
累計230万部超えの同名コミックを映画化した『きょうのキラ君』ヒット祈願バレンタインイベントが2月13日(月)、東京タワーフットタウン屋上にて行われ、出演する中川大志、飯豊まりえが登壇した。ちょうど1年前のバレンタインデーの時期に撮影していたという2人。中川さんは、「まりえちゃんが、スタッフさん全員分のすごい量のブラウニーを作ってきてくれて。毎日、撮影が大変な中で女子力だ! と思って!」とうれしそうにふり返り、飯豊さんは「たまたまと言うとあれですけど、いつもお世話になっているので」と照れ笑いを浮かべると、集まった女子からも「かわいい~」とため息が漏れていた。

『きょうのキラ君』は「別冊フレンド」にて連載された、みきもと凜による大ヒット恋愛漫画をもとにした、人生でもっとも輝く365日の恋の話。家が隣同士なのに話したことすらなかった、クラスの人気者で遊び人のキラ(中川さん)と、変わり者のニノ(飯豊さん)。ニノがキラの秘密を知ったことから急接近し、2人の恋が始まってゆく。

中川さんと飯豊さんは、東京タワーの階段の前で東京タワーを赤色とピンク色にライトアップする点灯式を行った。飯豊さんは、「バレンタインイブに東京タワーを点灯したんだよって自慢しよう」と大はしゃぎで、中川さんも「遠くから見たいね」と笑顔で賛同した。中川さんは、「車で通ったりとか、電車の窓から見たとき、普段と色が違うとラッキーだと昔から思っていました。気にして見ていたので、今日の色を見られるのは楽しみにしていました」と、ピンクとレッドが交互に灯るタワーを興味深そうに見上げた。

作品内には、様々な愛の告白のパターンが出てくる。それぞれ言われたらうれしい台詞を聞くと、飯豊さんは「『お前が好きだ』という台詞が好きです。ストレートに言ってもらえるとうれしいです」とし、「バレンタインデーは女の子にとって特別だし、男の子もドキドキしているから、好きですってちゃんと伝えたほうがいいと思います」と、集まった女子たちの背中を押した。中川さんの印象に残った台詞については、「『365日一緒にいます』っていう台詞です。すごく力のある言葉だなって。僕も芝居をしていて胸に突き刺さったのを覚えています。メールやLINEの手段があるけど、やっぱり直接顔を見て言われるとすごくうれしいですし、届くんじゃないかな」と、こちらもバレンタインデーに告白をしたい女子たちへ、勇気を送っていた。

『きょうのキラ君』は2月25日(土)より全国にて公開。

《cinamacafe.net》

特集

この記事の写真

/