【予告編】リアーナらセレブ続々!アナ・ウィンターの厳しい目が光る…『メットガラ ドレスをまとった美術館』

映画 洋画ニュース

『メットガラ ドレスをまとった美術館』 (C)2016 MB Productions, LLC
『メットガラ ドレスをまとった美術館』 (C)2016 MB Productions, LLC 全 11 枚 拡大写真
NYメトロポリタン美術館を舞台に、リアル“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンターが仕掛けるファッション界最大のイベントに初めて迫ったドキュメンタリー『メットガラ ドレスをまとった美術館』。リアーナ、ジョージ・クルーニー、レディー・ガガ、アン・ハサウェイらセレブが続々登場する、その予告編&メインビジュアルが解禁となった。

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)にて行われた伝説のファッション・イベント、“メットガラ”。主催はファッション界の女王、“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナをはじめ、ジョージ・クルーニーやアン・ハサウェイといったアカデミー賞俳優、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち。企画展示を担当した革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトンと、共同主催するアナ・ウィンターに密着した本作は、ゴージャスな一夜を生み出すための8か月を“初めて”カメラで捉えていく。

このたび公開された予告編では、アナ・ウィンターが、キュレーターのアンドリュー・ボルトンと共にNYメトロポリタン美術館最大のイベント“メットガラ”を作り上げるために奔走する姿が切り取られている。一夜限りのゴージャスな祭典からお披露目される美術展は、準備が予定よりかなり遅れており、スタッフには焦りの色も。「アートと商業的才能がどちらも必要」と語るアナの厳しい声が飛び、緊迫した空気が漂っている。

ファッションをアートとは認めないとする人々もいるなか、「ファッションは思考であり、生き方です」と語るのは、“メットガラ”芸術監督を務めた映画監督ウォン・カーウァイ。「ファッションがアートかは分からないが、素晴らしいものを作り上げたと感じる」(ジョン・ガリアーノ)、「シャネルはアーティストではない。ドレスメーカーだ」(カール・ラガーフェルド)など伝説のデザイナーからの名言も次々と飛び出し、ついにセレブとゴージャスな衣装が共演する狂乱の一夜が幕を開ける…。

リアーナ、ジョージ・クルーニー、レディー・ガガ、アン・ハサウェイ、サラ・ジェシカ・パーカー、ジェシカ・チャスティン、ジュリアン・ムーア、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンスなどなど、夢のようなセレブに心踊り、舞台裏のリアルかつガチなやりとりに戦々恐々とする予告編を、ここから覗いてみて。


『メットガラ ドレスをまとった美術館』は4月15日(土)よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加