雨上がり決死隊、15年ぶりに『映画クレヨンしんちゃん』でゲスト声優

映画 邦画ニュース

『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ ADK 2017
『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ ADK 2017 全 3 枚 拡大写真
今年25周年を迎える『映画クレヨンしんちゃん』の最新作『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』。この度、本作のゲスト声優に「雨上がり決死隊」の宮迫博之と蛍原徹が決定。2人が本シリーズにゲスト声優として出演するのは、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』以来15年ぶり2度目となる。

ある日、野原家に宇宙人がやってきた! その名は“シリリ”。シリリの謎のビームにより、ひろしとみさえは25歳若返り子どもの姿に! 大人に戻るためには、日本のどこかにいるシリリの父親のもとに行かなければならないという…。子ども野原一家はシリリをしんのすけのオシリに隠し父親を捜しに日本縦断の旅へ出る! しんのすけ――オシリ、封印!! 果たして野原一家はもとの姿に戻れるのか――!?

本作は、ある日突然野原家にやってきた宇宙人・シリリの謎のビームで、野原一家が全員子どもになってしまうという奇想天外ムービー。監督・脚本は、シリーズ最高興行収入を記録した『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』を手掛けた橋本昌和が担当し、主題歌には高橋優の「ロードムービー」に決定するなど早くも話題となっている。

そして今回新たに決定した宮迫さんが演じるのは、人気声優の沢城みゆきが声を担当する宇宙人・シリリの父。シリリの謎のビームで子どもになってしまったひろしとみさえを元に戻せる唯一の存在だ。しかし、裏では地球の人類を脅かす巨大な陰謀を企てているという、本作屈指の超重要キャラクターとなっている。また、蛍原さんが演じるのは、シリリと野原一家を追う謎のエージェント・モルダダ。シリリと野原一家を陰からじっと監視し、追いかけまわす謎の男で、全てがベールに包まれている…。

今回が15年ぶりの「クレヨンしんちゃん」出演の2人は、それぞれ前回の出演をふり返りながら「今回は再びオファーを頂けて、すごく嬉しかったです」(宮迫さん)、「あれから結婚して、いまちょうどしんちゃんと同い年の5歳の娘がいます。このタイミングでのオファーには運命を感じますね。ちょうど、娘がしんちゃんをリアルタイムで見ているので、今回は子どもにも自慢できます!」(蛍原さん)とコメントした。さらに今回はしんちゃんからもコメントが到着! 「15年ぶりぶり!? あっという間ですな~。でも雨上がりのお2人とまた共演できて、オラ嬉しいゾ!」としんちゃんも喜び、「2人とも今回の映画のカギを握る重要な役だから、オラの口からはこれ以上言えないゾ…映画を観てのお楽しみ! 見れば~」とメッセージを寄せている。

また、先日行われた本作の予告編アフレコ収録では、すでに名作となる予感を感じた2人。特に蛍原さんは、予告編内のセリフ「動くな」がかなりの手応えを感じているよう。スタッフも大絶賛だと言うその予告編は、一体どんな仕上がりになったのだろうか?

『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』は4月15日(土)より全国東宝系にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加