倉科カナ、決意!大谷亮平には残酷な運命が忍び寄る…「奪い愛、冬」第5話

最新ニュース スクープ

「奪い愛、冬」第5話
「奪い愛、冬」第5話 全 2 枚 拡大写真
倉科カナ、三浦翔平、大谷亮平、水野美紀の4人が共演。お互いの愛を“奪い合う”泥沼…ならぬ“ドロキュン”ラブストーリーが展開される「奪い愛、冬」の第5話が2月17日(金)今夜放送。狂い始めた康太(三浦さん)とさらなる蘭(水野さん)の攻撃に、光(倉科さん)がついに立ち上がる。

本作で倉科さんが演じる主人公・池内光はデザイン会社に勤務、三浦さん演じるアシスタントの奥川康太にプロポーズされ幸せいっぱい…のはずだったが、大谷さん演じる突然光のもとを去ったかつての恋人・森山信が再び光の前に現れたことから、光の心は再び揺り動かされる。しかし信には水野さん演じる妻・蘭という存在が。光の存在を嗅ぎつけた蘭は嫉妬に狂い、様々な方法で光を“攻撃”。それは光と康太の会社の同僚、秋元才加演じる豊野秀子も巻き込んでいき、次第に康太も狂い始めていく…というのがこれまでのストーリー。

1話の放送後から蘭を演じる水野さんの“怪演”が話題になっている本作。前回の第4話でも光と信のキス画像をパネルにプリントして、光と康太と康太の母・美佐(榊原郁恵)らの一家団欒の場に送りつけたり、ベッドルームで「信との子どもが欲しい」と体外受精を懇願。さらには「4人で旅行したい」と旅行に誘い、光と康太のとなりの部屋で、わざと大きな声で愛し合ってみたりとその行動はさらにエスカレート。ついには光が信と会えなくなるように、コンペで手を抜けと要求するまでになった。

いったんは手を抜いたデザインでコンペに落ちる光だったが、仕事に対して「後悔したくない」という想いから再度デザインを提出。1次選考を通る。しかし“仕事に対して”「後悔したくない」という光の言葉を“信に会えなくなるから”だと誤解した康太は怒りにふるえ、一方蘭は自らを“裏切った”光に土下座謝罪を要求するが、そこに現れた信は光と蘭の前で「俺はまだ、光のことが好きだ」と衝撃告白する…。

そして今夜放送の第5話、信の告白に怒り狂った康太は信につかみかかるが、それを止めに入った光を思わず突き飛ばして気絶させてしまい警察沙汰に。会社からも謹慎処分を受けてしまう。

蘭は信への愛憎の念をますます膨らませ、さらに信を追い詰め、ついに信は家を出て行くことに。そのことに激しいショックと怒りを覚えた蘭は康太の母・美佐に接近し、これまでとは違うやり方で光への攻撃を企てる。

そして嫉妬心を爆発させた康太も以前とは別人のように暴走をはじめ、休日に光が信に会いに行けないよう家の中に監禁し始める。光はついに蘭との直接対決を決意するが、信にも“残酷な運命”が忍び寄る…というのが今夜の5話のストーリー。

今夜も見逃せない「奪い愛、冬」第5話は2月17日(金)23時15~テレビ朝日系にて放送。

《笠緒》

特集

この記事の写真

/