柄本佑、ポルトガルで憧れの監督の軌跡を追う「アナザースカイ」

最新ニュース スクープ

柄本佑「アナザースカイ」
柄本佑「アナザースカイ」 全 4 枚 拡大写真
今田耕司と中条あやみの2人がMCを担当し、毎回ゲストが自分だけの第2の故郷“アナザースカイ”を旅する「アナザースカイ」。本日2月17日(金)の放送回には、俳優の柄本佑が出演。新婚旅行で訪れたポルトガルで敬愛する監督の軌跡を追う。

俳優・柄本明を父に、女優・角替和枝を母に持ち、弟の柄本時生も俳優として活躍、さらに女優の安藤サクラを妻に持つ家族全員映画好きという“俳優一家”に生まれ育った柄本さん。俳優デビューは2003年の映画『美しい夏キリシマ』。同作で第77回キネマ旬報ベストテン新人男優賞、第13回日本映画批評家大賞新人賞を受賞と高い評価を受けると、その後は「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」や大河ドラマ「風林火山」をはじめ様々なドラマ・映画などでその実力を磨き、2010年には連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に出演。

その後も『僕等がいた』『武士の献立』「天皇の料理番」などで幅広い役柄をこなし、その演技力から“性格俳優”と呼ばれるように。2015年には再び「あさが来た」で連続テレビ小説へ出演。昨年はNHKBSプレミアムで放送された「おかしな男~寅さん夜明け前 渥美清の青春~」での主演・渥美清役をはじめ「コック警部の晩餐会」「スクラップ・アンド・ビルド」と主演作が続いた柄本さんが、今回旅する“アナザースカイ”はポルトガル。

新婚旅行でも訪れたというポルトガルで絶品料理に舌鼓をうち歴史的建築物に圧倒される柄本さん。ポルトガルを“アナザースカイ”に選んだ理由は、自身が敬愛するマノエル・ド・オリヴェイラ監督の存在があったからだという。

オリヴェイラ監督の孫で俳優のリカルド・トレパとの対談や、監督が最後に撮影したロケ地を訪れ、ポルトガル発祥の地・ギマランイスまで。柄本さんが大好きな映画と俳優としての今後を語り尽くす。

「アナザースカイ」は2月17日(金)23時~日本テレビ系にて放送。

《笠緒》

特集

この記事の写真

/