剛力彩芽、初の“囚人役”に!女同士の激しいバトルに挑む「女囚セブン」

最新ニュース スクープ

金曜ナイトドラマ「女囚セブン」
金曜ナイトドラマ「女囚セブン」 全 2 枚 拡大写真
女優・剛力彩芽が、4月よりスタートするテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「女囚セブン」に女囚役で出演することが決定。女子刑務所を舞台に異色の刑務所群像劇を繰り広げる。

殺人罪で刑務所に送られた京都の芸妓・神渡琴音。酔っ払って寝ている間に仲間の芸妓が殺され、その罪をかぶって刑務所に行くことに…。そこで待ち受けていた一癖も二癖もある女囚たちにいじめられ、時に命まで狙われるものの、持ち前の腹黒さ・したたかさでそこを切り抜けていく。しかも、実は琴音は“冤罪”…。彼女がなぜ無実の罪をかぶり、刑務所にやってきたのか――。

本作の脚本を担うのは、「民王」「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」シリーズの西荻弓絵。ウィットに富んだ会話劇、テンポの良いストーリー展開で定評のある西荻氏が完全オリジナルストーリーで描いていく。

ワケあり芸妓・琴音を演じるのは、現在放送中の「レンタルの恋」でのコスプレが話題となっている剛力さん。警察官、医師、総理大臣の料理番…とこれまで様々な役柄に挑戦してきたが、今回は初の囚人役に挑戦。刑務所で待ち受けていた女囚たちから壮絶なイジメに遭うが、捉えどころのない感じでかわしていき、力づくで来られても、合気道でスルリとかわす、かつ、怪力の持ち主。何も知らないおバカなふりをしているが、実は腹黒く賢い。英語はもちろん、フランス語も堪能というキャラクターだ。

剛力さんは、「いままでは、多少イジワルでも、結局最後は良い子になってしまうというような子を演じることが多かったし、“女同士のバトル!”みたいな作品もあまりやったことがなかったので、どのように琴音の役作りをしていこうか、試行錯誤しているところ」とこれまでにない役どころだと話し、「潔いほどの腹黒さが逆に格好良く映ればいいなと思いますし、そんな風に生きられる琴音に憧れる部分もありますが…わたし自身は女同士のバトルやケンカにはあまり関わりたくないかな(笑)」とコメント。また今回出演にあたって、女子刑務所について調べたという剛力さん。「職業訓練で美容師やネイリストになれる制度があったり、盆踊り大会や運動会があったり、と想像していたものとまったく違って驚きました。そういうリアルな部分も魅力のひとつとしてみなさんにしっかりお届けしたいなと思っています!」と意気込みも語った。

海外でも「プリズン・ブレイク」「オレンジ・イズ・ニューブラック」「ウェントワース女子刑務所」など様々な刑務所を舞台にした作品が誕生してきた。本作では、タイトルの通り7人の女囚が登場。“女子刑務所”という閉ざされた世界、普段は中の様子を窺い知ることができない世界の中では、女囚たちが激しいバトルを繰り広げ、壮絶なマウント合戦が行なわれている。果たして、琴音は魑魅魍魎の女囚たちの中でそのマウント合戦を制し、トップに君臨することができるのか? また、剛力さんと壮絶なバトルを繰り広げる、残り6人の女囚は後日発表。誰がどんなバトルを繰り広げるのか、楽しみにしていて。

金曜ナイトドラマ「女囚セブン」は4月期より毎週金曜日23時15分~テレビ朝日系にて放送予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加