リンゴ・スター&ポール・マッカートニー、7年ぶりにコラボ実現

最新ニュース ゴシップ

リンゴ・スター&ポール・マッカートニー-(C)Twitter
リンゴ・スター&ポール・マッカートニー-(C)Twitter 全 3 枚 拡大写真
「ザ・ビートルズ」の元メンバー、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターがともにスタジオ入りした。

今年リリースが予定されている、リンゴの新作アルバムのレコーディングにポールが参加したようだ。リンゴがツイッターに、2人で笑顔で仲良く写っている写真を掲載している。「来てくれて、そして素晴らしいベースを演奏してくれてありがとう。大好きだよ ピース&ラブ」とのコメントとたくさんの絵文字でポールに感謝を表現した。リンゴとポールが一緒にレコーディングするのは、2010年に発売されたリンゴのアルバム「ワイ・ノット」以来、実に7年ぶり。同作からの1曲「ピース・ドリーム」ではポールがベースを演奏し、「ウォーク・ウィズ・ユー」では2人のデュエットが披露したが、今度の新作アルバムでもポールの歌声が聴けるかはいまのところ不明。

さらに、この新作アルバムには「イーグルス」のギタリストのジョー・ウォルシュも参加していることが明らかになった。ジョーが真ん中に立ち、3人で撮った写真に「ジョーも来て演奏してくれたんだよ。すごい1日を過ごしちゃったよ。ピース&ラブ」とリンゴはコメントを付けている。リンゴとジョーは妻同士が姉妹なので、実は義理の兄弟という関係だ。

《Hiromi Kaku》

特集

この記事の写真

/