柳楽優弥、綾野剛&二階堂ふみと三角関係に!「フランケンシュタインの恋」

最新ニュース スクープ

柳楽優弥 「フランケンシュタインの恋」
柳楽優弥 「フランケンシュタインの恋」 全 4 枚 拡大写真
主演・綾野剛が、永遠の命を持ち、人間とは一緒に生きられない怪物役を演じる日本テレビ系新・日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」。この度、新たに柳楽優弥の出演が決定し、綾野さん、ヒロイン・二階堂ふみと三角関係を繰り広げることが分かった。

怪物として生を受けた男。その体は、ある秘密を抱えた危険な肉体。怪物は、人間とは一緒に生きてはゆけないと、姿を消した。それから約100年後、2017年の日本。怪物は生きていた。森の奥で。永遠の命を持ち、人間とは懸け離れた肉体、パワーを持つ怪物。しかし、その心は、誰よりも人間。無理なこととわかっていながら、「人間」として暮らせる日を夢見ている。ラジオから流れる「人間の世界」に聞き耳を立て、人間が捨てた品々を拾い集めては、「人間の生活」に想いを馳せ、人間に憧れる。怪物は、ユニークで、キュートで、優しくて…その心は、誰よりも人間である。

そんなある日、ひとりの若い女性・津軽さんと出会う。怪物は苦悩する。人間と会いたくない、怖い。こんな自分を受け入れてくれるはずがない。しかし、人間と会いたい、話したい、笑いあいたい。そして、怪物は、人間に恋をした。しかしそれは、かなわぬ思い。なぜなら怪物の体にはある秘密があり、怪物は人間に触れることができないのだ。人間に触れてしまうと…。触れたいけど傷つけたくない、好かれたいけど嫌われたくない。測りがたく、縮まりがたい距離が露わになっていき、関わることで抱き始めた、人間への“温かい感情”が、やがて怪物を苦しめていくことになる…。

誰もが知る恐怖とサスペンスホラーの原点、フランケンシュタインが、現代の日本を舞台にオリジナルストーリーで、 笑いと涙と切なさあふれるラブストーリーとして描かれる本作。主演の綾野さんが100年前、ある事件をきっかけに生み出された怪物を演じ、その怪物が恋してしまうリケジョの津軽継実役を二階堂さんが演じる。

そして今回、津軽さんと同じ大学の研究室に所属する大学院生で、津軽さんのことが好きな稲庭聖哉役を柳楽さんが演じることが決定。あるとき怪物と出会い、実家で一緒に暮らすことになる彼は、怪物になにかと世話を焼き、友情が芽生える。怪物と自分を比べてしまい、自分の方が「偽物の人間」と感じることも多く、落ち込んだり嫉妬したり、意地悪な気持ちになってしてしまうことも…そんな人間くさい男。怪物と友情を育みながらも、恋の三角関係に苦悩しながら青春を送っていくという役どころだ。

出演が決定した柳楽さんは、「綾野剛さんや、尊敬する大先輩方をはじめとするキャストのみなさんと撮影期間を共に過ごせると思うと、嬉しい気持ちで一杯です」と喜び、「可愛らしくユーモア満載でありながら、人間の本質も鋭くついた今作の世界観を、精一杯楽しみたいと思います」とコメントを寄せている。

「フランケンシュタインの恋」は4月期より毎週日曜日、日本テレビにて放送予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加