“黒ひげ”登場!マイケル・ベイ製作総指揮「ブラック・セイルズ」最新シーズン

海外ドラマ スクープ

「Black Sails/ブラック・セイルズ」シーズン3 (C)2016 Starz Entertainment,LLC
「Black Sails/ブラック・セイルズ」シーズン3 (C)2016 Starz Entertainment,LLC 全 3 枚 拡大写真
『トランスフォーマー』シリーズで知られるマイケル・ベイが製作総指揮を務め、エミー賞2冠を獲得した本格海賊アドベンチャー「Black Sails/ブラック・セイルズ」。その待望のシーズン3がHuluにて配信スタート。ついに最強の海賊“黒ひげ”が登場する本作から、その予告編とともに、黒ひげ役レイ・スティーヴンソンと主人公・フリント船長役トビー・スティーヴンスからコメントが到着した。

海賊たちの黄金時代、新しい人生を買える幻の財宝を積んだ船“ウルカ・デ・リマ号”の所在を示す地図を追い求め、海賊、売春婦、盗人たちはそれぞれが欲望を剥き出しに、お互いを出し抜き合っていた。その幻の財宝の地図を手に入れたフリント船長率いるウォルラス号の海賊たちは、ウルカ・デ・リマ号の所在を突き止めるが、目前でスペイン艦隊に遭遇し財宝の略取は失敗。負傷したフリント船長たちが流れ着いた島で、座礁したウルカ・デ・リマ号を目撃する。そんな中、フリントを出し抜き財宝を手にしたのは、ライバルのチャールズ・ベイン一行だった。彼らはイギリス領ニュープロビデンス島の砦を乗っ取り、島の支配を企む。一方でスペインは財宝の返還を求め、イギリスへ圧力をかける。イギリスは多数の軍艦をニュープロビデンス島へ派遣し、力尽くで海賊たちをねじ伏せようとする。

そしてシーズン3では、悪名高き海賊エドワード・ティーチ、通称“黒ひげ”がついに登場、カリブ海は血の海と化す。また、イギリス艦隊の攻撃に対し、フリントやジョン・シルバー、チャールズ・ベイン、ジョン・ラッカムといった名だたる海賊たちが手を組み、戦いを挑んでいく――。

公開されたシーズン3の予告編では、多数のイギリス艦隊が海賊を一掃するために一気に乗り込んでくるところから始まる。フリント船長と何か契約を交わそうとしているイギリス政府の思惑は何なのか? そして、一瞬だけだが、豊かな黒い髭をたくわえた大男、エドワード・ティーチこと通称“黒ひげ”が海賊の楽園ナッソーに姿を現すが…。



世界で最も有名といえる実在した海賊、黒ひげ。その容姿から、周りの海賊たちは恐れをなしていたという。そんな黒ひげを本作で演じたのは、映画『トランスポーター イグニション』『ダイバージェント』シリーズに出演するレイ・スティーヴンソンだ。彼は、「大きな責任を感じた。だって黒ひげはとても良く知られた人物で、彼に憧れを抱いている人すらいる。どんなふうに演じるか、伝説にもなっているほどの人物をどう新鮮に見せるか頭を悩ませたよ」と語り、「彼は身長が190cmあって、1710年ごろの時代にしてみれば巨人のように大きな男だった。同じ部屋にいる誰もが存在に気がつくほど強烈なオーラを放っていた。彼がいる部屋の電燈が彼のオーラに影響を受けて点滅したという言い伝えがある」と、その“伝説”に言及。そして「彼を演じることはとてもワクワクすることであると同時に、大きな挑戦でもあった」と語っている。

また、シーズン2で絶望に打ちひしがれたフリント船長は、過去と決別したことで“凶暴な怪物”となってシーズン3に登場する。いままでのシーズンよりもはるかに激しさを増す戦闘やアクションシーンに、トビーは女性キャストと接点がないと嘆いたという。

「シーズン3のしょっぱなからフリント船長は、無慈悲で残忍な男として登場する。大きな絶望に打ちひしがれ、復讐を決意する。彼は怪物と化すが、でも内面は人間的な部分が残っているんだ。表情に出さない心情の揺らぎが描かれ、そして生きる希望を見出す努力を見つけようとするところが描かれる。今回のフリントのテーマは、“心の旅”だ。その一方で、いままで以上に激しい戦闘シーンやアクションがある。毎日大変だったよ」と、撮影をふり返っている。

冒険小説「宝島」の20年前を描くオリジナルストーリーとなる本作。カリブ海を舞台に、幻の財宝を積んだ船をめぐり、荒くれ者たちがルール無用の駆け引きを繰り広げる。シーズン3では、海賊VSイギリスVSスペインといった、逃げ場のない戦いが勃発、かつてない凄まじい戦闘シーンや人間味あふれる海賊たちの姿が描かれるようだ。

「Black Sails/ブラック・セイルズ」シーズン3はHuluにて配信中、毎週金曜日1話ずつ配信予定(全10話)。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/