夏帆&野村周平ら、藤原竜也の“犠牲者”に!豪華キャスト9名決定『22年目の告白』

映画 邦画ニュース

『22年目の告白―私が殺人犯です―』追加キャスト (C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会
『22年目の告白―私が殺人犯です―』追加キャスト (C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会 全 8 枚 拡大写真
藤原竜也と伊藤英明が初共演でW主演を果たす『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』。このほど、美しき連続殺人犯の藤原さんの“被害者”や彼を憎む“被害者遺族”に夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼ら最旬若手俳優や平田満、岩松了、岩城滉一らベテラン俳優陣の出演が明らかとなった。

1995年、残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。懸命の捜査も虚しく、事件は時効を迎えてしまった。やがて事件から22年後、ある男が自身の殺人を告白した本「私が殺人犯です」の出版記者会見を行うという衝撃的な展開が訪れる。残忍な犯行の手口を赤裸々に告白した殺人犯の曾根崎雅人は、殺人犯には見えないほどの妖艶な容姿で、告白本を手に不敵な笑みを浮かべながら会見・サイン会・TV出演と大々的な出版キャンペーンを展開、世間の注目を集めて挑発し続ける。

22年前に犯人を取り逃がしたことを、悔やみ続け、事件によってすべてを失った刑事・牧村航の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道やSNSにより美しい容姿とともに拡散された曾根崎は、日本中から罵声と歓声を浴び、一躍時の人になっていく。センセーショナルな登場を果たした殺人犯の行動は、被害者遺族、そして事件関係者たちの感情を最悪な形で逆なでしていく――。

藤原さんと伊藤さんという世代を代表する俳優2人がW主演し、自らの殺人を赤裸々に綴った手記を出版し、一躍時の人となっていく美しき殺人犯と、彼の事件を22年間追い続けてきた刑事を演じる本作。このほど、彼らの脇をがっちりと固める注目の豪華キャスト9名が明らかに。いずれも、時効が成立し“絶対に捕まえられない”美しき殺人犯を憎む人々ばかりだ。

まず、22年前、父親を曾根崎(藤原竜也)に殺された被害者遺族・岸美晴を演じるのは、『海街diary』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞し、WOWOW連続ドラマW「楽園」などに出演する夏帆さん。犯人にとって「第2の事件」にあたる“東京都世田谷区団地”の惨劇の当事者であり、当時たった5歳で父親を失った。現在は本屋で働いているため、曾根崎の手記が大量に売れていくのを目の当りに。なぜ、殺人犯が脚光を浴び、誰も捕まえないのかと、やり場のない怒りを牧村(伊藤英明)にぶつけていく。

また、『サクラダリセット前篇/後篇』『帝一の國』などが待機する野村さんが演じるのは、牧村の妹・里香の恋人、小野寺拓巳。阪神淡路大震災後で被災し住むところを失った里香と共に22年前、牧村のアパートへやって来る。震災以降、不安定になりがちな里香を本気で支えようとする心優しい青年。里香とは真剣な交際で、いずれは結婚したいと考えていたのだが…。

その牧村のたった1人の家族である妹・牧村里香には、11月公開『泥棒役者』に参加することになった石橋さん。幼いころ両親を亡くし、兄妹2人きりで生きてきたため牧村との絆は強い。神戸の病院で働いていたが、震災時、あまりの恐怖で机の下から出てこれなかったことがトラウマに。「自分だけが幸せになっていいのか」と自問自答を繰り返し、恋人・拓己のプロポーズにも躊躇する。22年前の事件の最中、行方不明となる。

牧村の後輩で、共に事件を追う刑事・春日部信司役には、『君と100回目の恋』が公開中の竜星さん。警察署組織犯罪対策課の若手刑事で、牧村の直属の後輩。職務中は牧村とコンビで行動することも多く、牧村を尊敬している。行動力もガッツもある若者だが、少々頭に血がのぼりやすい一面も。正面きって警察を挑発してくる曾根崎に、苛立ちを爆発させる。

また、橘組の若手構成員・戸田丈を、本作の入江悠監督とはWOWOW連続ドラマW「ふたがしら」「ふたがしら2」でも組んだ早乙女太一が演じる。裏社会で力を持つ橘組系列の飲食店で働くチンピラで、顔中ピアスだらけ、明らかにカタギではない風貌が特徴的。22年前の事件と意外な繋がりを持っているという。

そして、22年前に殺された牧村の元上司・滝幸宏には、『愚行録』の平田さん。22年前の一連の事件の事実上最後の犠牲者でもある。犯人の5人目の標的となった牧村が、里香と拓己の身に迫った危険を察知し、急いで自分のアパートに戻った際に同行。しかし犯人の罠にはまり、滝が牧村の腕の中で凄惨な最期を遂げることになった。

「第4の事件 東京都練馬区 医院」の被害者遺族で、目の前で愛する妻・一代を目の前で絞殺された医師・山縣明寛には、『3月のライオン』が控える岩松さん。だが、犯人を混乱させるため、この事件は警察によって意図的に隠ぺいされ、結果、5件目の犯行に繋がってしまう。現在は共立中央病院の院長を務める。

もう1人、22年前の被害者遺族で、目の前で恋人を殺された橘組組長・橘大祐には、『土竜の唄 香港狂騒曲』の岩城さん。「第3の事件 東京都中央区 高級クラブ」で、なじみのホステス=翔子をやはり目の前で絞殺された。22年たったいまも、その悪夢のような光景が忘れられず、裏社会に生きる男らしいやり方で曾根崎への報復を示唆する。

さらに、連続殺人事件の真相を追うジャーナリスト・仙堂俊雄役には、『64 -ロクヨン』をはじめ話題作が続く仲村トオル。仙堂は、人気報道番組「NEWS EYES」のメインキャスターで、22年前の事件についても当時細かく調べ上げており、いまや時の人となった曾根崎を番組に呼び、メディアの手によって裁こうという大胆な提案をするキーパーソンとなる。

まさに日本を代表する実力派キャスト陣が加わった本作。先の読めないラストに向かって加速していく新感覚サスペンスに、ますます期待高まる。

<以下、キャストコメント>
■夏帆
(監督の)入江さんとは、以前ドラマでご一緒したときから、いつかまた、今度は映画でお仕事がしたいとずっと思っていました。なので今回、念願叶って、というわけです。役柄上、はしゃぎだしたい気持ちをおさえながらも、入江さんの何気ないひと言にハッとなる瞬間がたびたびあり、とても充実感のある現場でした。登場人物の複雑な想いが交差して、手に汗にぎるラストが待ちかまえています。ぜひ、楽しみにしていてください。

■野村周平
牧村刑事の妹・里香の恋人、小野寺拓巳役を演じました。台本を読ませていただいて、ラストになるにつれてどういう展開が待っているのだろうととてもドキドキしましたし、これを映像にしたら一体どうなるのかと僕自身気になって仕方がありませんでした。藤原さんや伊藤さんをはじめとする先輩方と一緒に作り上げた作品をぜひ楽しみにしていてください!

■石橋杏奈
伊藤さん演じる牧村刑事の唯一の家族、妹の牧村里香を演じました。いまはまだ言えないようなハードな撮影の連続でしたが、私自身、毎回現場に行ってお芝居するのが楽しかった作品です。きっとスリルいっぱいの作品になっていると思います。私も楽しみです。

■竜星涼
擦れてなくて、自分の正義に真っ直ぐ熱いルーキーな春日部という男に脚本を読んだとき惚れました。この男を演じたいと、観る人が思うことを1 番に代弁したいと強く思い、オーディションに行きました。入江組は初めてでしたが、監督と細かく話し合いながら、熱い夏にあつい男を作っていきました。常にバディとして一緒のシーンが多かった伊藤英明さんには、主役としての責任感や役に対する向き合い方など沢山の事を学ばさせていただきました。

■早乙女太一
セリフがほとんどなく、ずっと走っていて、前の作品でもずっと走っている役だったので、入江監督から求められていることは、もしかしたら芝居ではなくて俺の脚なのかなと(笑)。出てくる人たちが過去にものすごく深い傷を負っていて、僕もその一人で、その自分の受けた傷がそれぞれの狂気になっていて、僕が出て来るときは常にその狂気を表に出すシーンが多かったので、短い撮影だったんですが、すごく濃く印象に残っています。撮影の環境自体も良くて、監督をはじめ伊藤さんやキャストみんなが強い思いでこの作品を作っているということを、短い撮影の中で、ものすごく強く感じた現場でした。また新たな役に挑戦させていただきましたので、たくさんの方に見ていただきたいです。

■平田満
『22年目の告白』のお話をいただき、すぐに台本を読みました。おもしろい話だし、ストーリーも予測がつかないし、とてもユニークな脚本だと感心しました。どんな映画になるかという興味もあり、是非とも撮影に参加したいと思いました。撮影は夏でしたが、いやぁよく走りました! 刑事ものってこれだよなぁ、と思って若い気で全力疾走しました。ところが哀しいかな年ですね、何日間か走ってるうちに頑張りすぎて肉離れを起こしてしまいました。実は短い場面なんですが、どこで肉離れを起こしたか当ててみるのもおもしろいかもしれませんよ。

■岩松了
入江監督の映画に出演するのは『サイタマノラッパー2』以来だったので久しぶりにご一緒できて嬉しかったです。撮影中はなんと言っても雨の中のシーンが大変でした! 縛られてて動けないし、暑い日だったのに最後は震えが止まりませんでした。まだ出来上がりを観ていないのですが、現場の印象から《男っぽい映画》になってるんじゃないかと期待しています。

■岩城滉一
95年の連続殺人事件で大切な人を奪われた男、橘大祐を演じさせていただきました。犯人への抑えきれない復讐心を持ち続けて生きてきた男です。先日、ひと足先に映画を鑑賞したのですが、大変素晴らしい作品に興奮しました。是非ご期待ください。

■仲村トオル
入江監督の『太陽』という作品が大好きだったのですが、夜の撮影は「大体、太陽が見えるまで」といううわさを聞いていたので、殆どの出番が屋内のシーンの自分は「いつまでも撮れてしまうな…」と戦々恐々でした。実際の撮影は、いろいろな意味で難易度の高いものでしたが、結果、クオリティーの高い作品になったと思います。是非、また入江組に参加したいです。

『22年目の告白―私が殺人犯です―』は6月10日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集