【第89回アカデミー賞】大物アーティストたちがパフォーマンスで魅了!

最新ニュース ゴシップ

ジャスティン・ティンバーレイク-(C)Getty Images
ジャスティン・ティンバーレイク-(C)Getty Images 全 12 枚 拡大写真
アカデミー賞で披露されたパフォーマンスをご紹介!

まずはジャスティン・ティンバーレイクが『Trolls』(原題)の「Can't Stop the Feeling」を歌いながら会場入り。実はその直前に弟を同伴したエマ・ストーンがレッドカーペットでインタビューを受けているところに“フォトボム”を仕掛ける余裕っぷりを見せていたジャスティン。歌って踊るノリノリなジャスティンに合わせ、会場の招待客も総立ちではしゃぎ、盛大な幕開けとなった。

ジャスティン・ティンバーレイク-(C)Getty Images
リン=マヌエル・ミランダは、『モアナと伝説の海』の「How Far I'll Go 」の前奏でアカデミー賞仕様のラップを披露。その後、モアナを演じたアウリイ・クラヴァーリョが16歳とは思えない堂々とした歌声で会場を沸かせた。途中、波に見立てた大きな布が彼女の頭にぶつかってしまうというハプニングもあったが、アウリイは気にせず笑顔で歌い切った。

アウリイ・クラヴァーリョ-(C)Getty Images
スティングは、ISISに殺害されたジャーナリストのジェームズ・フォーリーを描いたドキュメンタリー『Jim: The James Foley Story』(原題)から「The Empty Chair」を1人で歌った。本来はピアノ伴奏のバラードだが、今回はアコースティックギターでしっとりと歌い上げ、ジェームズを偲んだ。

スティング-(C)Getty Images
『ラ・ラ・ランド』から「City of Stars」と「Audition」の2曲がノミネートされ、同映画のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングから紹介を受けて登場したジョン・レジェンドは、2曲をピアノで弾き語り。映画の世界がそのまま表現されたセットでジョンの歌声は会場に心地よく響き、コンサート並みのクオリティで圧倒。見事、「City of Stars」が歌曲賞を受賞した。

ジョン・レジェン-(C)Getty Images
まさにどの曲が歌曲賞を受賞してもおかしくない、大物アーティストたちが圧巻のパフォーマンスを見せた。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加