アカデミー賞“作品賞”取り間違えた監査役、今後出禁に

最新ニュース ゴシップ

シェリル・ブーン・アイザックス-(C)Getty Images
シェリル・ブーン・アイザックス-(C)Getty Images 全 4 枚 拡大写真
今年度のアカデミー賞作品賞の結果発表取り間違え事件の原因となった監査役の2人が、来年度からアカデミー賞関わることを禁止された。

アカデミー会長シェリル・ブーン・アイザックス氏は、アカデミー賞の投票を管理し、プレゼンターたちに結果が記されたカードが入った封筒渡す役割を担っている監査法人プライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)の今年度の担当者であったブライアン・カリナン氏、マーサ・ルイス氏が来年度の第90回アカデミー賞に関わることはないと発表した。

しかしこれまで80年以上に渡ってアカデミー賞に携わってきたPwCと今後一緒に仕事をしていくかどうかについては明言を避けており、現在検討中であるとだけ話している。

授賞式当日、作品賞発表の際に誤ってプレゼンターのウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイに本当の受賞作品『ムーンライト』と記された封筒ではなく、『ラ・ラ・ランド』で主演女優賞を獲得したエマ・ストーンの結果が記された封筒を渡してしまうという事件が起きており、バックステージでほかのことに気を取られていたカリナン氏が間違った封筒を渡したとみられている。

授賞式後、PwCは声明文を発表し、その中でハプニングの詳細を説明、謝罪していた。

その一方で『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督はこの出来事について「大変なことにはなってしまったけど、ある意味素敵なことだった」と話している。

(C) BANG Media International

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/