木村拓哉、父親に手術を迫られ苦悩する…「A LIFE~愛しき人~」第8話

最新ニュース スクープ

「A LIFE~愛しき人~」第8話-(C)TBS
「A LIFE~愛しき人~」第8話-(C)TBS 全 6 枚 拡大写真
木村拓哉が主演で“愛しい人の命”と“かけがえのない人生”を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリー「A LIFE~愛しき人~」の第8話が3月5日(日)今夜TBS系でオンエアとなる。

外科医・沖田一光(木村さん)と「壇上記念病院」の院長の娘・壇上深冬(竹内結子)は元々恋人同士だったが、沖田の幼馴染みで親友の壇上壮大(浅野忠信)によって沖田は病院を追われ渡米することになる。渡米した沖田は海外で執刀経験を重ね“職人外科医”となるが、その間に壮大は深冬と結婚、「壇上記念病院」の副院長となっていた。

沖田は深冬の父で「壇上記念病院」院長の壇上虎之助(柄本明)を救うべく帰国。そこで壮大から深冬が手術が難しい脳腫瘍であることを告げられ、彼女を救うため日本に残る決意をする。

しかし深冬に腫瘍のことを告知することができないまま時間が過ぎ、深冬の病状は悪化の一途をたどる。なかなか手術法が見つからず苦悩する沖田だが、沖田と壮大、2人だけの秘密だった深冬の病状は、同僚の心臓血管外科医・井川颯太(松山ケンイチ)や、沖田が信頼を置く一流オペナース・柴田由紀(木村文乃)の知るところに。さらに深冬自身も自らの病について知っていたことを明かす。

前回の放送で手術法に苦悩する沖田に深冬は「神経を犠牲にしてでも生きたい」と、愛するわが子のため医者としての未来を捨てる覚悟を決めるが、沖田にはそれは到底受け入れられない決断だった。壮大は治療の道が見えない苛立ちを病院の顧問弁護士・榊原実梨(菜々緒)にぶつける。そして沖田はついに神経を傷つけない治療法を発見、「絶対にここに戻す」と深冬に告げるが、同じころ壮大の愛人で壇上記念病院の顧問弁護士・榊原実梨(菜々緒)は病院の全体会議で深冬の腫瘍について暴露。リスク管理ができてないと壮大の責任を問う…というのがこれまでの物語。

ついに院内に知られることになった深冬の病状。娘の脳腫瘍を知った虎之介は怒り狂い、壮大と沖田を責めるが、沖田は手術法を詳しく説明、「大丈夫」と言い切り、手術に備え準備を進める。そんなとき、沖田の父・一心(田中泯)が心臓を患い倒れた。近親者の手術を行わない通例に従い羽村(及川さん)が一心の手術を行うことになるが、一心は沖田に執刀を迫る…というのが今回の第8話のストーリー。

深冬、そして自身の父親…沖田はどうするのか。「A LIFE~愛しき人~」第8話は3月5日(日)21時~TBS系にて放送。

《笠緒》

特集

この記事の写真

/