杉咲花、木村拓哉の妹&ヒロインの“一人二役”挑戦『無限の住人』

映画 邦画ニュース

『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会 全 14 枚 拡大写真
2017年ゴールデンウィークの注目作、木村拓哉主演映画『無限の住人』。「第40回日本アカデミー賞」最優秀助演女優賞受賞はじめ映画賞席巻した杉咲花がヒロイン役で出演しているが、この度、木村さん演じる万次の妹役の一人二役を演じていることが明らかに。あわせて本編冒頭で描かれる杉咲さんの熱演シーンも公開された。

かつて100人斬りと恐れられた伝説の人斬り万次。罠にはめられ妹を失い「生きる意味」を失ったとき、謎の老婆に無理やり「永遠の命」を与えられてしまう。斬られた傷は、勝手に再生、死にたくても死ねない「無限の体」になってしまった。生きるには十分すぎるその時間は、剣術の腕も鈍らせ、彼は永遠のときをただ孤独に生き続けるだけだった。ある日、親を殺され、仇討ちの助っ人を依頼したいと現れた少女。だがそれは、不死身の万次をも追い込む予想外の戦いの始まりだった――。

本作に出演する杉咲さんは、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」にて高畑充希演じる主人公・常子の妹・美子役を演じブレイク。また、宮沢りえの娘役を演じた『湯を沸かすほどの熱い愛』では、「第59回ブルーリボン賞」助演女優賞、「おおさかシネマフェスティバル2017」助演女優賞、「第41回報知映画賞」助演女優賞、「第90回キネマ旬報ベスト・テン」で助演女優賞を受賞。さらに「第40回日本アカデミー賞」にて最優秀助演女優賞と新人俳優賞を堂々のW受賞など、数々の映画賞を席巻し、いま最も注目の若手実力派の女優だ。

杉咲さんが演じるのは、江戸最強と謳われる“無天一流”を受け継ぐ浅野道場の一人娘・浅野凜。統主・天津影久(福士蒼汰)率いる謎の剣客集団・逸刀流が道場破りに現れ、両親を殺されてしまった凜は、自身の命を懸けて仇討ちすることを決意。不死身の体を持つ男・万次に用心棒を依頼し、逸刀流への復讐を誓う…という役どころだ。そしてこの凜役に加えて、万次の妹・町役として一人二役に挑戦していたことが判明。

このほど解禁されたのは、そんな町の場面写真。万次が凜の用心棒を引き受けた大きな動機となる、映画の中で重要なキャラクターで、凜とは違ったクールな表情を見せながらも、風車を上に向け、息を吹きかける無邪気な様子が写し出されている。

また併せて公開された映像は、本編冒頭の凜と謎の老婆・八百比丘尼(山本陽子)との出会い。凜が墓参りをしていると、どこからともなく八百比丘尼が現れ、万次という不死身の男を探して用心棒にするように導く、万次と凜が出会うきっかけとなった人物との出会いが収められた本作の鍵を握る重要なシーンとなっている。


エグゼクティブプロデューサー・小岩井宏悦は、「凜の役を誰がやるかということが、この映画の成否を決めます。杉咲花さんの出ている作品を何本も観て、その圧倒的な演技力と無垢なビジュアルにこの子しかいない、と惚れこみました」とキャスティング経緯を明かす。杉咲さんは、本作への参加が決まった際に「不安もありましたが、三池組の現場に立った途端に解決しました。現場での日々は本当に楽しかったと同時に、スタッフの皆さん、キャストの皆さんの技術や演技が素晴らしく、見ているだけで悔しくなってしまう。それぐらい説得力のある場所で撮影することができました」とコメントし、凜と町を演じる際は、「演じているときに、そこで起きたことを背負い受け止めるように演じました」と語った。

『無限の住人』は4月29日(土)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/