阪本順治監督、オダギリジョー主演の最新作「さらなる大ヒットのため」題名変更?

最新ニュース レポート

阪本順治監督&デヴィッド・ヘイマン
阪本順治監督&デヴィッド・ヘイマン 全 3 枚 拡大写真
創業6年目を迎えた映画製作・配給会社キノフィルムズの「2017-18ラインナップ発表会」が3月9日(木)、都内で行われ、洋邦合わせて24タイトル(うち3本の邦画が後日発表)が明らかになった。

ラインナップ発表会には『エルネスト』(10月公開)のメガホンをとる阪本順治監督、『パディントン2(原題)』(2018年公開)を手がけるプロデューサーのデヴィッド・ヘイマン氏が出席し、興行・報道関係者に作品をアピールした。

俳優のオダギリジョーがキューバ革命の英雄チェ・ゲバラのゲリラ部隊に参加した日系人フレディ・前村を演じる『エルネスト』。阪本監督は「誰が観るんですかねえ…。でも、そういうときこそ勝ってきたので、今回も自信があります」と不敵な笑み。昨年9月にキューバでのロケを敢行し「最初は多少ギクシャクするんですけど、すぐに協力体制ができあがった。ラテンの人たちは朝集合すると、まずハグやキスをするんですよ」と明かした。

また、「映画は芸術であり商品。ただ消耗品にだけはなりたくない」と思いを語り、「さらなる大ヒットのために、題名変えようかな」と爆弾発言。壇上に驚く同社代表取締役社長の武部由実子氏を驚かせつつ、「例えば、『君の名はエルネスト』とか『シン・ゲバラ』とか。『エ・エ・エルネスト』でもいいかな」と笑いを誘っていた。

一方、前作『パディントン』が世界的な大ヒットを記録し、『ハリー・ポッター』シリーズの製作者としても知られるヘイマン氏は、宝の地図が隠された絵本争奪戦を描く新作について、「暖かなハートとユーモアはそのままに、より冒険アクションの要素が強くなっている」と説明。イギリスを代表する人気俳優のヒュー・グラントが新たに参戦しており、「彼にしかオファーしていなかったから、出演を快諾してもらい本当にうれしかった」と話していた。

■キノフィルムズ2017-18ラインナップ
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(3月31日(金)公開)
『光』(5月27日(土)公開)
『武曲 MUKOKU』(6月公開)
『パトリオット・デイ』(6月9日(金)公開)
『ハクソー・リッジ』(6月24日(土)公開)
『Terminator 2: Judgmant Day 3D』(原題)(8月公開)
『Ballerina』(原題)(8月公開)
『HEIDI』(原題)(今夏公開)
『エルネスト』(10月公開)
『二度めの夏、二度と会えない君』(今秋公開)
『Eternity』(原題)(今秋公開)
『Their Finest』(原題)(今秋公開)
『Miss Sloane』(原題)(今秋公開)
『Sleepless』(原題)(今秋公開)
『The Midwife』(原題)(今冬公開)
『Heartstrings』(原題)(今冬公開)
『パディントン2(原題)』(2018年1月公開)
『Final Portrait』(原題)(2018年春公開)
『My Blind Date With Life』(英題)(2018年公開)
『The Mercy』(原題)(2018年公開)
『Valerian and the City of a Thousand Planets』(原題)(2018年公開)

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加