若き日のジャック・スパロウが初登場! 『パイレーツ』最新作予告編解禁

映画 洋画ニュース

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(C)2017 Disney. All Rights Reserved.
『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(C)2017 Disney. All Rights Reserved. 全 3 枚 拡大写真
ジョニー・デップ扮する、海賊船ブラック・パール号の船長にして、決して北を指さないコンパスを持つ伝説の海賊ジャック・スパロウが活躍する、アクション・アドベンチャーの待望の最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。この度、本作の待望の最新予告編がついに解禁された。

孤高の海賊ジャック・スパロウへの復讐に燃える、海の死神サラザール。この史上最恐の敵が禁断の“魔の三角海域”から解き放たれた! 海賊絶滅の危機を止めるカギは、すべての呪いを解く「ポセイドンの槍」と、そのありかを知る「最後の海賊」のみ…。これまで決して明かされることのなかったジャック・スパロウ誕生の瞬間。シリーズ最大にして最高の謎が、遂にベールを脱ぐ――!

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』以来、6年ぶりにスクリーンに帰ってくる孤高の海賊ジャック・スパロウ。彼を演じるのは、もちろんジョニー。また、いつもペットの猿を肩に連れた海賊ヘクター・バルボッサ役をジェフリー・ラッシュ、ウィル・ターナー役をオーランド・ブルームと、お馴染みのキャストが集結。さらに、シリーズ最恐の敵“海の死神”サラザール役には21世紀最大の悪役俳優にしてアカデミー賞俳優のハビエル・バルデム、ウィルの息子ヘンリー・ターナー役にブレントン・スウェイツ、女性天文学者カリーナ役にカヤ・スコデラリオらが出演している。

実話である壮大な海洋冒険物語を描いてアカデミー賞にノミネートされた『コン・ティキ』を手掛けたヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリのコンビが監督を務める本作。サンドベリ監督は、「“パイレーツ”シリーズの原点といえる第1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』に敬意を払い、本作を製作しました」と語り、「全世界で注目される作品なので、その責任を重く感じています。世界中に多くのファンがいるだけでなく、私たち自身もノルウェーで本シリーズを観ていたファンですからね」と自らもいちファンとして、本作にかける熱い思いを明かした。

一方ローニング監督は、「私たちは史上最高の海賊映画を作ることを目指しました。力強い感情が核にあり、素晴らしいキャラクターたちが登場する、楽しくてスペクタクルなアクション満載の壮大な映画です」と本作について語り、「第1作目の魂をとらえると同時に、本作『最後の海賊』に新しさを吹き込むため、私たちはこれまで何年も力を注いできました。そしていま、私たちがそれを成し得たかどうか、それを判断するのは観客の皆さんです」と作品の仕上がりに自信を覗かせている。

そしてこのほど公開された映像では、若き日のジャック・スパロウが初登場し、“海の死神”サラザールとの因縁が描かれる。海賊の全滅をもくろむサラザールは、ジャックに嵌められ全てを奪われ、不死の呪いをかけられた。“海の死神”となったサラザールは、ジャックへの復讐に燃える。テーマ曲と共に、手に汗握る迫力満点の壮大なアクションはもちろん、ジャックのどこか憎めない、ユーモア要素も健在。ついに始まる最後の冒険に、期待高まる予告編となっている。


『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は7月1日(土)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加