福山雅治×是枝裕和監督『三度目の殺人』、伊・巨匠エイナウディが音楽担当

映画 邦画ニュース

ルドヴィコ・エイナウディ×是枝裕和監督
ルドヴィコ・エイナウディ×是枝裕和監督 全 4 枚 拡大写真
福山雅治を始め、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎ら豪華キャストで贈る『三度目の殺人』。この度、本作の音楽をニーノ・ロータ、モリコーネに続くイタリアの“巨匠”作曲家、ルドヴィコ・エイナウディが担当することが決定。いま世界で最も愛されているクラシック作曲家・エイナウディだが、日本映画の音楽を手掛けるのは今回が初めてとなる。

勝利にこだわる弁護士重盛(福山雅治)がやむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。始めから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。彼はなぜ殺したのか? 本当に彼が殺したのか? 重盛の視点で絡んだ人間たちの糸をひとつひとつ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく――。

第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞、2013年に全国公開し、国内興行成績32億円の大ヒットを記録した『そして父になる』の是枝裕和監督と、福山さんの2度目のタッグとなる本作は、是枝監督がオリジナル脚本で描く法廷心理ドラマ。キャストには福山さん演じる弁護士・重盛に対峙する殺人犯・三隅役の役所さんをはじめ、広瀬さん、斉藤由貴、吉田さん、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功といった豪華なキャスティングも注目を集めている。

そして今回、世界でCDセールスが150万枚を突破、さらに楽曲(パソコンを中心としたストリーミング)再生回数がなんと5億4千万回以上を記録する、ヨーロッパではカリスマ的な人気を誇るエイナウディが、是枝監督の熱烈なラブコールににより、本作の音楽を担当することが決定。

この半年、脚本を書きながら毎日エイナウディの音楽を聞いていたと言う是枝監督は、「自分が書いたストーリー、撮っている映画と、彼の音楽が自分の中では完全に一体化しています」と明かし、「エイナウディさんの音楽は凄く『映像の浮かぶ音楽』なんですよね。そこが今回選ばせていただいた一番の理由です」と起用理由を語った。また「今回の映画では『人間が人間をさばけるのか』とか、けっこう難しいテーマに取り組んでいるのですが、ビジュアルのイメージとしては“火”だったり、雪の“白”だったり、血の“赤”だったりと、すごく明快に、と思っています。そこにエイナウディさんの音楽がすごくフィットするのではないかな、と思っています」とコメント。

一方エイナウディも、「このプロジェクトに関わることができて大変うれしいです。是枝監督のことを尊敬しておりますし、是枝監督の過去の映画もとても素敵だと思っておりましたので非常に光栄です」と喜び、「映画の中には雪のシーンがありましたが、雪の中では周りの音があまり聞こえなくなって、自分の中にある気持ちや感情を感じさせてくれると思いますが、そのような部分を音楽で表現できたらと思っています」と話した。

また2人は、2月下旬にエイナウディが来日した際、映画を撮影中の都内のスタジオを訪れ初対面。スタジオ内のモニターで撮影中の映像をエイナウディに見せながら、シーンの意味や、そこに求める音楽の意図を熱く説明するなど、世界的なクリエイター2人はすぐに意気投合し、和やかに語り合っていたそう。さらにスタジオでは主要キャストたちとも対面。約1時間ばかりの短いスタジオ滞在だったが、監督の熱い想いと音楽の役割の説明、そし撮影現場の雰囲気から、エイナウディは確実にたくさんのイメージを受け取ったようだ。

今後、エイナウディは4月にコンサートのために再び来日し、その後撮影完了した映像を確認しながらの音楽制作に入る予定だという。監督のイマジネーションと完全に一体化したエイナウディの美しい音楽が、一体どんな風に映画を彩るのか、音楽も含めますます本作の完成が待ち遠しい。

『三度目の殺人』は2017年9月、全国にて公開予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集