【ご招待】『ぼくと魔法の言葉たち』試写会に10組20名様

プレゼント イベント

『ぼくと魔法の言葉たち』 -(C) 2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved.
『ぼくと魔法の言葉たち』 -(C) 2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved. 全 1 枚 拡大写真
〆切り:3月17日(金)

日時:3月26日(日) 15:30開場/16:00開演
場所:原宿クエストホール(東京・原宿)


サスカインド家の次男オーウェンは2歳で言葉を失い、7歳になる頃まで誰ともコミュニケーションを取れなくなってしまった。彼は自閉症と診断され、家族は失意に暮れる。ある日、父のロンはオーウェンが発するモゴモゴとした言葉が、オーウェンが毎日擦り切れるほど観ていたディズニー・アニメ『リトル・マーメイド』に登場するセリフだと気づく。意を決した父は、彼が大好きなディズニー・キャラクターであるオウムのイアーゴになりきって身を隠し語りかける。「どんな気分?」すると、まるで魔法のようにオーウェンが言葉を返した! 「僕はハッピーじゃない。僕には友だちがいないから」。5年ぶりの息子の言葉にこみ上げる涙をこらえながら、イアーゴとしての会話を続ける父。こうして父と母、そして兄による、ディズニー・アニメを通じた「オーウェンを取り戻す」ための作戦が始まった!

第89回アカデミー賞(R)長編ドキュメンタリー賞ノミネートされた『ぼくと魔法の言葉たち』が4月8日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開される。本作は、自閉症により2歳のときに突然言葉を失ってしまった少年・オーウェンが、家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニー・アニメを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく、前向きに社会と向き合い、自立を勝ち取るまでの現在の彼の姿をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描く。メガホンを取ったのは、黒人監督として始めてオスカーを受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ。また劇中には、映画に感動したディズニー社から異例の使用許諾を受け『リトル・マーメイド』『アラジン』『美女と野獣』など数多くの名作が登場。こちらの公開に先駆けて、トークイベント付き『ぼくと魔法の言葉たち』試写会に10組20名様をご招待。

※当日は、本編上映終了後にトークイベントを実施する予定です。
※当日は、プレゼント抽選会を実施する予定です。
※都合により、イベントの中止、日程の変更となる場合があります。予めご了承ください。

送信

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/