コブクロ、福士蒼汰主演作の主題歌に!元サラリーマン小渕がリアル体験込める

映画 邦画ニュース

コブクロ
コブクロ 全 2 枚 拡大写真
人気男性デュオ「コブクロ」の約1年半ぶりの新曲が、福士蒼汰主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の主題歌に決定。新曲の「心」は、元サラリーマン経験のある小渕健太郎が、映画を観て共鳴し書き下ろした意欲作となっている。

ブラック企業で働く青山隆(工藤阿須加)は、疲労のあまり駅のホームで意識を失い、危うく電車に跳ねられそうになってしまう。寸前のところで青山を救ったのは、幼なじみのヤマモト(福士蒼汰)と名乗る男。だが、青山には彼への記憶が全くなかった。大阪弁でいつでも爽やかな笑顔を見せる謎の男・ヤマモトと出会ってからというもの、青山は本来の明るさを取り戻し、仕事の成績も次第に上がってゆく。そんなある日、青山がヤマモトについて調べると、なんと3年前に自殺していたことが分かる。ではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか…?

本作は、「第21回電撃小説大賞」メディアワークス文庫賞を受賞した、60万部突破の北川恵海による同名人気小説。謎の男・ヤマモト役を福士さんが演じるほか、就職した会社の厳しいノルマとパワハラに心身ともに疲弊した若者・青山役に工藤阿須加、さらに黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎といった豪華キャストが集結している。

楽曲を書き下ろした小渕さんは、18歳から4年間サラリーマンとして働く優秀な営業マンだった過去が。今回は完成した映画を観て、サラリーマン時代の記憶をリアルに思い出し、そこから制作がスタート。新曲はタイトルの通り“心”がテーマとなっており、自分の心と体が時々離れてしまいそうになったとき、そのバランスをどう生きるか。“心”を一人称としてとらえ、「心と生きること」という答えに辿り着き完成。本楽曲は、バンドが入らずオーケストラだけで歌うという「コブクロ」の楽曲で初めての試みとなっており、新しい境地に飛び込んだ楽曲となっている。

当時をふり返り、外回りの営業職だったという小渕さんは、無我夢中で働く中、「働くことで自分を知り、楽しい経験も多くあったが、心はボロボロ、身体だけで出社している様な日もあった」と明かす。そんなサラリーマンの傍ら、息抜きとして大阪堺の商店街で路上ライブを始め、その後同じ商店街で歌っていた黒田俊介と出会い「コブクロ」が結成された。

「コブクロ」は、「心が生き生きし始めると、様々なイメージが沸き、閉じこもっていたときとは全然違う自分になれます。『心と生きること』それが、自分の人生を変えるということをこの曲を通して、感じてもらえたら嬉しいです」とコメント。いち早く楽曲を聴いた福士さんは、「映画を包み込んでくれるような優しい歌で感動しました。登場人物の心にそっと寄り添うように書かれた詩が演じ手の僕の心にも届き、聴いていて心地よかったです」と絶賛。また初めて「心」が聴いた際、感動して涙が溢れたと言う工藤さんは、「ヤマモトと隆、それぞれの想いが歌詞に込められているような気がしました。暗闇の中から抜け出せずに、小さな光を探しもがき苦しむ人々、誰しもが心に持っていて、表には出せない感情が詰まっているメロディ。映画を観てくれた人に、一歩を踏み出す勇気をくれる優しく強い楽曲だと思いました」と語っている。

コブクロNewシングル「心」は5月24日(水)よりリリース。

『ちょっと今から仕事やめてくる』は5月27日(土)より全国東宝系にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加